Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Go 農th 小原家編

9月18日から19日までの二日間、新潟は長岡の米農家の小原さんの 家に泊まり、稲刈りの手伝いをしてきた。
事の発端はその一週間前。 明治大学でおこなわれた水俣展にGWの黒澤君とかなちゃんと行き、その帰りに呑んでいたときに猪瀬先生から電話がかかってくる。
先生が農者大の卒業生の小原さん家にいて、稲刈りの人手が足りないから来てくれないかという話だった。

それに対し、酔ってた勢い&求められたら断れない性格のため即答した。
「それは自分が適任ですっ!!」(これが後々小原さんにいじられるネタになる)
そして話はふくらみ、黒澤、かなちゃん、そしてその後農園で話した千尋もいくことになる。 前半組が黒澤、かなちゃん、後半組が自分と千尋という風にわかれて行くことにした。



小原さん家は400年続く農家で、小原さんはその15代目。家は長岡駅から車で30分ぐらいのところで、川沿いに家がある。家に併設して作業するところもあるけど、100メートルぐらい離れたところに、巨大な機械が並ぶ作業場がある。
e0169975_15575811.jpg


小原さんいわく、家族経営でこれだけ大規模に米を作っているところはほとんどないと言っていた。
実際に機械や畑を見ても、自分の実家(兼業の米農家)に比べてすべてがビッグだった。
自分たちがいた二日間でやった作業は、米の袋詰めや、稲刈りの手伝い、袋に入れた米を再調整するために機械に入れ直すというものだった。

再調整というのは、機械で行う米の選別の設定をより厳しいものにして、質の良い物だけを残すというもの。品質によって、一等、二等のように農協で分けられる米は、その等級によって大きく値段が変わるので、一度袋詰めしたものをもう一度開けて、二等だったものを一等になるように行うというものだった。


選別、籾すりした米を袋詰めして、それをパレットにのせる作業
e0169975_15574178.jpg


「三男」は米袋を乗せると腰ぐらいの高さまで持ち上げてくれる優れもの。(もっと高くまで持ち上げる次男、長男もあるらしい)
e0169975_1558161.jpg


写真の田んぼは酒に使う用の米。
遠くまで見渡せるから、空が広かった。
e0169975_15583276.jpg


夕食
e0169975_15584269.jpg


新潟の銘酒、越乃寒梅を買ってきてくれた。
e0169975_15584927.jpg


千尋二日酔い
e0169975_15585611.jpg


昼食後の昼寝。川の字!
e0169975_1559463.jpg


コンバインが泥に埋まって作業は夜まで難航した。
e0169975_15591343.jpg

e0169975_15593777.jpg



話が変わるけど、小原さん家に来るちょっと前に、自分は千葉の東金というところに行ってきた。そこは若くして新規就農した人が始めた農場で、研修生もたくさんいた。そこで稲刈りの手伝いをしたんだけど、全部手で刈って、それをはざかけという昔のやり方を体験した。
e0169975_1557922.jpg




そこで作られた米や野菜は提携した消費者に直接届けたりするので、見沼の福祉農園のように自給のためだけにつくるのとはまたちょっと違うのかもしれないけど、作業している感じや、その場所の雰囲気に見沼の農園に近いものがあった。
農的生活を楽しむという感じだろうか。

一方小原さん家はそういう場所とは違って、大規模な田んぼに、効率的に作業が進められるための大型コンバインや近代設備が整っていた。
農業の一言で言ってもその幅の広さを実感できたという意味でその二つを連続して行ったのは面白かった。

 小原さん家でやった仕事の最初の感想は、同じ作業をずっと繰り返し、機械の音がうるさくて話も出来ず、直接米に触ることなく、機械のスピードに合わせて人間が動かなくてはいけないという感じだった。効率ばかりが追求されていて、大規模化が進んでる農業っていうのはこんな感じなんだなってネガティブなことを考えてしまった。

でもかなちゃんもブログで書いていたことに共感して、それに近いことだけど、二日間が終わってみての感想としては、東金や見沼の農園とはまた違った良さがあったなと思った。

上の写真にもあるように、2日目の夕方にコンバインが泥にはまってしまい、夜遅くまで作業をした時があった。雨が連日降っていて、やっと晴れた合間に刈り取りを終わらせないといけない田んぼがあったので、家族がみんなが必死になって協力しあっていた。
小原さんいわく、今年ベスト3に入る大変な日だったらしいが、ほんとにつらかった。米俵を担いで闇の中を何往復もした。
そしていつも優しいお母さんも最高潮の怒りモードに達していたらしい。


でも晩御飯の時間になって、そういうしんどいことも全部笑い話になっちゃっていたし、みんなの充実感もすごくあった。

あれだけおおきな田んぼだと責任や大変さがそれだけ多いとは思うけど、そういうのも家族で酸いも甘いも分かち合ってやっているから、そのバランス保ててて、自分たちがとても居心地良く2日間を過ごせたなって思った。

あれがもし家族経営じゃなく、労働者を雇って、仕事が終わればお疲れ様という関係だったら、工場とかの労働とあんまり変わんないのかも知れないなとも思った。

自分が直接聞いた話ではないけど、千尋がお母さんから、うちは法人化や人を雇いたくはないというようなことを言っていたと聞いたけど、なんとなくその気持ちが分かったような気もする。

それに、農家が減っている中で、辞めていく農家の土地を借りたりして、こういう大規模にやっている農家がいるから日本の食が支えられているんだろうなと思った。

お父さんは仕事モードに入るとちょっとこわかった。でもそういう真剣に農業をやっている人のかっこよさにも惹かれた二日間でした。



次はスノボーをしに新潟に行きたいと思います。笑

純一



e0169975_15594473.jpg

[PR]
by gowest2008 | 2010-09-28 16:14

Go 農th~新潟県長岡市小原農場へ~

偶然と偶然が重なった今回のGo 農th(NORTH)。
9月13日から14日まで、新潟県長岡市の米農家、小原農場に行ってきた。


事の発端はたまたま、8日に私、黒沢君、純さんの3人で明治大学の水俣展
(http://minamataforum.blog69.fc2.com/)
に行った帰りに少し飲んでいたところ、
片貝祭りに訪れていた先生から電話があり、新潟に来ないかということだった。

少し急な、でもとても勢いのあるお誘いと、米農家の手伝いという未知との遭遇に魅力を感じ、私と黒沢君は13日の朝関東を出発した。


新潟は意外にも近いなというイメージ。
話していたらあっという間に着いてしまった長岡。


長岡に着いたらあいにくの雨で(2日目の朝も雨が降り、私と黒沢君はどうやら雨を呼んでしまうらしい)
雨だと収穫が出来ないため、その日は1日作業小屋での作業となった。


私は午前中、新米を出荷するための紙の袋にスタンプを押し、
午後からは乾燥した米を30キロずつ袋に詰め、それを縛り、
7×7段の計49個をひとつのパレットに積んでいく作業を黒沢君と2人で行う。
私は30キロ入ったお米の袋の口を縛る係、
e0169975_1052213.jpg

黒沢君は6段目までをほとんど積んでいた。
e0169975_1073987.jpg


私も1つ2つ積む作業をやってみたが、30キロは重いこと重いこと。
サークル活動中は20キロ前後の荷物を背負って山に入っていた経験があったから何とか1、2個であれば持つことが出来たのだけれど、普通の女の子だと、結構大変だと思う。
普段使わないような手の第1関節辺りの皮が持ち運ぶ際に袋とすれて痛かった。

2人でやるのも大変なのに、それを普段はお父さん1人でやっているということで、(お母さんと小原さんは2人で田んぼにいっている)本当に驚いた。


2日目の朝も又雨が降り、2人で袋つめ、袋積みの作業を行った。
途中晴れてきたので、小原さんの田んぼを見学に行き、
午後からは収穫が出来たため、その現場を見せてもらった。
e0169975_1093614.jpg
e0169975_10101392.jpg




今まで行っていた見沼の農園や静岡のみかん山はどこか農業に対してアナログな部分が多かった気がした。
むしろ私の中では機械にそこまで頼らず、
人間の手で、足で、全身を使って畑に向き合うことに価値があるのだとも自分の中で勝手に思っていた。

だから、以前、先生と農園の代表とロータリークラブの古沢さんと訪れた千葉県の農園を訪れたとき、
四季や天候は関係なしに野菜が収穫できてしまうハイテク過ぎる農園に少しわだかまりを感じていた。
(この農園はこの農園ですばらしい所がたくさんあるのがわかるのだけれど、)


今回小原農場を訪れて、ここにもたくさんのハイテクな機械たちがフル稼働していた。
しかし、千葉の農園で感じたようなハイテクな農業に対しての嫌な気持ちは一切なく、この違いはなんだろうと自問自答してしまう。



小原さんのお宅には1泊2日の短い期間ではあったが、お米のために手を抜かないお父さんの後ろ姿と、
お母さんと小原さんで田んぼに行き、母・子の息のあった収穫風景、
おじいちゃんやおばあちゃん、妹さんも家族みんなでお米に向き合っている。

両親が働いている姿なんてそんなに見た事がない私にはそのような家族の姿を見ることが出来たことはとてもいい経験だったし、
家族みんなでご飯を食べること、作業の話をすること、お昼寝の時間があることなど、
終始笑いが耐えない家族の雰囲気がとても居心地がよかった。



小原さんのお母さんが「もっとお米を食べてほしい」と言っていた。
お母さんたちが食べなくちゃその子どももお米を食べる機会が失われちゃうから。

私はお米は大好きだけど、今回のGo 農thでお米が自分たちのもとへ来るまでを体験できてもっと好きになった。

そして、また新たな農的なつながりが出来たことに先生を始め、
お世話になった小原さんの家族のみなさんにはとても感謝している。
全力で働くってことは気持ち良いなと感じた2日間でした。





かな
[PR]
by gowest2008 | 2010-09-17 10:14

go west が終わって

ありすです!

go west が終わってもう一週間もたってしまいました。早いですね。
郡上・釜ヶ崎で過ごした一週間とバイト三昧の一週間、同じ時間とは思えないような濃さの違いに驚きます。

私にとってgo west はいろいろな事に真正面から向き合い、感じて考えた日々でした。

そして、やっぱり自分の居場所づくり下手だよなーって思いました。
その場にいても害にならないけど、いてもどうってことない
これは今まで分かっていたけど、どこかで認めたくないから目をそらしていました。
それをこうやって文字にしてるのは、私にとって大きな前進かなって思います。
だからって解決策が見つかったわけではないけど、日々精進!ってことで。

家に帰ってきてから家族や友達に釜ヶ崎での衝撃的なことを話してみるのですが、どうもうまく伝わりません。

「そっか。かわいそうだね。自分がどれだけ幸せかわかったね」
「生活保護って年金よりいっぱいもらえるんでしょ?私ももらいたい」
「楽しかった郡上だけ行けばよかったのに」

いや、そういうことじゃないんですよ。
おじさんと自分を比べるのは違うと思うんですよ。
そもそも自分の幸せを人と比べなきゃ分からないってのも変な話で。

別に深い意味はないんだろうけど、生活保護を冗談につかわれるのもイラッとする感じで。

しんどいって思った時、釜ヶ崎が自分の心休まる居場所になることはこの先一生ないと思いました。
道を歩いているだけで心がざわつく。
でも目を背けちゃだめだと思いました。
しんどい現実からも、しんどいっていう自分の感情からも。

そういえば帰りの電車で混んでたのでみんなばらばらに座った時、偶然石川さんとは席が近くなりました。

かなり眠くて
「石川さん、疲れましたー。眠いですよー」

と言ったら

「いえ、私は眠くありません」

と言われたので1時間ほどいろいろなこと話していました。
ほんと寝なくてよかった ってぐらい楽しかったです。
でもこれから石川さんが会う予定というコアラさんと菊池さんの正体は何回聞いてもよくわからなかったので、
気になったのか、その日の夜コアラをペットで飼ってる夢を見ました。わかいかったです。
お二人にはいつか会ったみたいです。


まだまだ言いたりないこともありますが、おなかもすいたのでこのへんで終わりにします。

そろそろ毎日家にいるのがさびしくなってきました。家族にもぞんざいに扱われます。

みんなに会いたいです!

go west は居場所づくりの下手な私が奇跡的にもみつけた大切な居心地のいい場所です。
最後になりましたが、本当にありがとうございました!

では9月になっても毎日暑いので健康には気を付けてください☆
[PR]
by gowest2008 | 2010-09-04 06:34

GOWESTを終えて


ちーぼうです

GWからの帰りに静岡の祖父母の家に行き
大阪の釜ヶ崎に行ってきてどうだった?といとこやおばさん、おじさん、祖父母色々な人に聞かれました
怖かったでしょう、大変だったね
と言われ
高2のいとこもホームレスの人たちは若い時に努力しなかったんじゃないの?
なんて聞かれ
そんなことないと、今まで聞いた越沢さんのお話とか釜ヶ崎で聞いた話とかをしました
そしたらすごくびっくりしていました

でもあたし何知ったように話してるんだろう、
釜ヶ崎に数日いただけでおじさんたちのことわかったように話したくないな
あんまり話したくないな
なんて思ってしまいました

自分の大好きな人たちに上手に伝わらない、伝えられないのが悔しいです
でも少しずつでも伝えていかないといけないとも思います

GWは哲学の旅でした
正しい答えなんてわからなくても、ないのかもしれなくても
色々考えて
みんなで色々考えて
いつも物事をあんまり深く考えてない自分ですが
帰ってきてからが大事なんですよね

ボランティア特別研究という名前の授業だけど
ボランティアした!いいことしてきました!
なんて気分には全然ならなくて
郡上の方たちや釜ヶ崎の方たちや、これまでの関係を築いてきた先輩方や先生、一緒に過ごしたみんなに感謝の気持ちでいっぱいです
ボランティアじゃないもっとぴったりの名前があればいいのにと思います
農園のことを誰かに話すときも畑やってると言うとびっくりされるし
ボランティアって言葉を使いたくないです

一緒に過ごすということがこんなにも人を近付けて
何かを共有できるということがこんなにも心強く、嬉しいなんて

なんだか不思議です
はやくみんなに会いたいです
[PR]
by gowest2008 | 2010-09-01 01:17


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧