Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

日本ボランティア学会2010 白金はらっぱ大会

ちひろです
先週末、ボランティア学会に参加してきました。

わたしが参加したのは、分科会6
明学のチャペルで行われ、テーマは「社会デザインとインクルーシブデザイン」

・インクルーシブデザインでモノ作りを考えている水野さんの
 「障害者のための服を作ったらそれは『障害者のユニフォーム』になってしまう」
・「ダイアログインザダーク」という展示を通して視覚障害者の社会参加を目指している金井さんの
 「障害者は季節労働者ではない」
・おもちゃ図書館を創設した小林さんの
 「何かを楽しむということに障害者や健常者であるという違いはない」
・北山先生の
 「多様性は唯一性である、そして多様とは不完全なことだ」

という言葉が印象的でした

自分が意義があると思う活動をしていて、それが社会に広まればいいと活動すると
気がつけばその活動は消費文化や制度に取り込まれ
主導権が奪われ、いいように使われてしまう
例えば、スローライフやスローフードみたいに。
そこには本来目指していた「スロー」はない

最近ずっと大岩先生のことを考えていたから
わたしにとって、タイムリーな話題だった


じゃあ細々とやるのがいいのか、ある人々の独占でいいのか

議論はこのように発展していって
「制度に取り込まれるというリスクを自覚しつつ、実験していくことに価値がある」
という播磨さんの言葉が心に残った


社会をデザインする=最適化すること
認識の枠組みを組み替えていくこと
それは頭で理解して考えることほど容易いことではない
けれど、実践していくことに意味があるのだと思う

GO WESTはわたしにとってそんな実践の場なんだな
この学会に参加してそんなことを思った

もろずみちひろ
[PR]
by gowest2008 | 2010-06-30 14:21

日本ボランティア学会


こんにちは、あずさです。
日本ボランティア学会2010 白金原っぱ大会が終了しました。

一番印象的だったのが、分科会2会場で聞いたお話です。
震災後の山古志の話や、新宿の戸山団地の話、興望館のお食事友の会の話
それぞれ初めて聞くことばかりだったのに、すごく自分の中にスッとはいっていった感じがして、
自分の地元とのつながりというか、なんというか。

地域で課題を解決していく。
人々が出会う、人と地域が出会う。
自分たちから動いていくセツルメントの動き。

全部が全部、今まで学んだことや実感したこととつながった気がして、
同時に世界がまた一回り広がったような気がしました。


山古志のお話にもありましたが、私が15歳のとき中越大震災は起きました。
道路が割れて、電柱が傾き、家の中はめちゃくちゃ。
おばあちゃんに手をひっぱられて外に出て、弟とうずくまってた10月中旬の夕暮れ時。
もっと被害の大きかったところはたくさんありました。

あの時、たくさんお見舞いの手紙は届いたし、千羽鶴も届いたし、ボランティアの学生さんも来てくれたけど、もちろん励まされたけど、
どうしても一回きりの関係だったなあと思います。
知らない学校の子から「負けないで」ってお手紙をもらったり、どこかの誰かから毛布を貰ったり。
「被災地の住民と学生ボランティア」
それだけで終わっちゃう。

そうじゃなくて、あの時、顔と名前がわかるような関係ができたらなあと思いました。
お助けマンから、地域のコミュニティを作る人、解決していく人へ。
それもみんなで一緒に。
人と人のつながりってそうやって初めて生まれてくるのかなあと思いました。
地域とのかかわり、なんてそこに住んでたら気づきもしなかったけれど、
それを実践している人と会って、話を聞いて、言葉が出てきて。
またハッとするような出会いがあって、もっと知りたいって思える。
狭い狭い大学生の私の世界が、また広がった気がして。

そういうのが「豊かさ」なのかなあと思いました。
自己満足にならず、もう一段階考えられるようにしたいなと思います。



こたねの感想、また書きます。




やまがあずさ
[PR]
by gowest2008 | 2010-06-29 12:27

こころのたねとして白金


特別セッション  日 時:2010年6月27日(日)9:30-11:30  
会 場:明治学院大学白金キャンパス ぱれっとゾーン白金 アートホール
 
            
記憶と社会をつなぐアートプロジェクト
「こころのたねとして 白金」

【語 り 手・コーディネーター】

こころのたねとして 白金実行委員会


・トークセッション
家成俊勝(dot architects)
浅川達人(明治学院大学社会学部社会学科教授)
猪瀬浩平(明治学院大学教養教育センター)
and more


【スケジュール】
9:00 受付
9:30 発表
11:30 終了
特別セッション



     

Ⅰ 白金という場所をめぐって

1.はじめに

 白金のまちは、東京都港区に位置する。「白金」のイメージとは何か、と尋ねると「シロガネーゼ」、「高級住宅地」、「セレブ」という返答がほとんどを占める。しかし、それらの言葉が表現するのは再開発やマンションブームにより出来た「白金」の一部分にすぎない。高級マンションや高層ビルが建ち並ぶ通りを少し奥に入ると、商店会や町工場など昔から愛されてきた下町人情が残る「白金」が現れる。

 そのような、さまざまな顔を持つ白金の町で暮らす人、働く人に若者が聞き取りを行いながら、まちの記憶やまちと人とのつながりをたどり、それを詩にして物語っていく。
白金の記憶をたどっていく。自分とは一見無関係な、白金に暮らすヒト、白金にあるモノ、白金で起こるコトの中に宿る記憶をたどってみた時、何が見えてくるのだろうか?

2.地図に名前のないまち:白金志田町・三光町
 白金志田町とは、今はもうその名称は地図になく、現在の白金1丁目と高輪1丁目あたりを指す。同じように、失われたまちとして白金三光町がある。かつて志田町・三光町を含む白金高輪エリアは京浜工業地帯として発展、そのなかで町工場が多数生まれた。1964年の東京オリンピック開催に伴い、放射1号線が開通し町内は東西に分断。そしてバブル経済により再開発やマンションブームが起き、工場の多くはまちの外に移転した。周辺にマンション建設が続き、新しい住民、新しい事務所、新しい店舗が増えてきている。

3.白金志田町倶楽部
 白金志田町倶楽部は「白金高輪エリアに居住、勤務、もしくは区域外にいても、この地域を愛し、もしくはこの趣旨に賛同する」20歳代から50歳代のメンバーからなる地域の交流と活性化を目的とした非営利の任意団体。地元・近隣の7つの町会、3つの商店会のメンバー、地域外のメンバーが参加している。工場主、商店主、会社、学者、デザイナー、音楽家、歌舞伎役者、アーティストなど異業種の人材約140名(2009.4.1現在)で構成されている。
(港区社会福祉協議会登録ボランティア団体)
HP (http://www.ifaps.org/kai.html)

  
4.自治なるものをめぐる旅「GO WEST」とは
 明治学院大学の教養教育科目群にあたる科目である「ボランティア学特別研究101」、「ボランティア学特別研究201」、「ボランティア実習101」、「リサーチ&プレゼンテーション1B」(明治学院大学共通科目「ボランティア学」担当教員猪瀬浩平担当)の一連科目を媒介として生まれた人間の群れを指す。約1年半をかけてのプログラムであるが、単位習得に関わらず後も学生は様々な場面で出会った人や地域との関係を切らすことなく関わり続けている。
 この一連科目の一つである「ボランティア実習101」において、2009年8月には、埼玉県見沼田んぼ福祉農園、岐阜県郡上市八幡町、大阪市西成区釜ヶ崎を訪れた。次の目的地に向けて西に向かって進んでいくことから「GO WEST」と名づけられた。
 それぞれの場所に潜む「自治」を巡り、その土地で生きる人と対話し、関係性を築いていく。


Ⅱ こころのたねとして

1.「こころのたねとして」とは
 大阪を拠点に活動するアートNPO「こえとことばとこころの部屋」が考案したアートプロジェクト。地域に生きる人の、その人生を聴き取り、言葉や声や、身振りとして現前させ、そこに立ち会った人びとが、共にその土地との絆を結びなおす試み。

2. GO WESTと「こころのたねとして」
 これまでに私たちは二度「こころのたねとして」(通称、こたね)に取り組んできた。一度目は2009年夏、大阪釜ヶ崎の「カマン!メディアセンター」(通称かまめ)にて発表を行った。その年に行われた、ボランティア実習を通して出会った人とのおしゃべりの中で語られたその人の人生を、詩という形で表現し、「こころのたね」として他者に届けていった。こたね発表時は、聞き取られた人やその知り合いの人々だけでなく、多くの通りすがりの人々が、かまめの前に立ち止まり、読み上げられる詩に耳を傾けていた。

 私たちはこたねの発表を通じて、そのまちに生きてきた人々、今生きている人の様々な<顔>と出会った。出会った<顔>は詩として表現されることで、その場にいた人々と共有されていった。
二度目は、白金商店会内の四ノ橋市場にて行われた。この「こころのたねとして 白金高輪2010」は、明治学院大学の10人の学生が白金高輪のまちとゆかりのある人と出会い、共に時間を過ごし、その人と白金高輪のまちとの絆の表現を試みた。そして、様々なモノガタリが四ノ橋市場で生まれた。聞き取りを行う過程で、今まで通り過ぎているだけだった白金の町の人々の、一人ひとりの<顔>がしっかりと見えてくるようになった。

 今回は明治学院大学の白金キャンパスで、三度目の「こころのたねとして」を実施する。全国から訪れた来場者の中、白金の町と人々の物語を詩として朗読することで、新たな「こころのたね」が芽吹くことを願う。



*取材中のじゅんいちさんを撮影するきくちゃん



e0169975_04454100.jpg

[PR]
by gowest2008 | 2010-06-24 16:36

郡上おどり in 青山と白金グロフェス打ち上げ

ちひろです
郡上おどり in 青山にお手伝いに行ってきました



降水確率90%の予報だったのに一滴も降らず、むしむしと暑くて
でも賑わう様子から、すでに郡上おどりの季節が始まっていることをひしひし感じた



物産展の松浦さんのブースを手伝いながら
毎年来ているというお客さん方と言葉を交わす


松浦さんは外国人のお客さんにも、あのスマイルと気軽な英語で接していて

どぎまぎしている自分が恥ずかしくなった




そんな賑わいの中
みかながまるで郡上が地元である人のように
郡上から来た方々と話をしている




夕方になって、名残りおしつつ青山から白金へ向かう


遅れての参加だったので、着いてみなさんに挨拶してまわる

梓やきょうこちゃんみたいに“ちひろ”として作用出来るようになりたい
それには白金が好きだ、という気持ち以外に
時間と足繫く通うことが必要なのだな
と思う


この日の集合写真には
最前列のiさんとsさんの間にちょこんと挟まり
ご満悦な様子のわたしが写っているだろう





マツリが始まり、マツリが終わる


マツリは楽しくて大切な存在であるけど
いろんなしんどいこともある


でもしんどさがあるから
終わりにあの最高潮のグルーウ゛を感じられる



今、しんどさを抱えてもなお
わくわくしている自分がいる


ボランティア学会まで
あと2日

ちひろ
[PR]
by gowest2008 | 2010-06-24 11:02

郡上おどりin青山のお手伝い


こんにちは。
Go West3期生のゆりえです。初めて、このブログにアップします。


6月19、20日に行われた郡上おどりin青山。私は2日目の20日のお手伝いに行きました。
物産展が始まる少し前に会場に着きました。みかなさんは、明学の先輩と言うより、郡上の人かと思うくらい現場や郡上の方々の会話にとけ込んでいて、てきぱきと動いている姿が本当にたくましく、頼もしく見えました。


物産展からおどりの時間まで、ずっと松浦さんたちの郡上物産ブースを手伝っていました。来るお客さんはみんな郡上に興味を持っていて、リピーターというか、郡上のファンが多いのだなぁと物産品を売っていて感じました。

日が暮れて、みかなさんがブースに戻ってきてくださり、踊ってきていいよと言ってくださったので、お言葉に甘えて、きくさん、友貴さんとおどりにいきました。途中から農園のスタッフさんたちとも一緒になり1時間弱踊ることができました。みかなさん、ありがとうございました。

more
[PR]
by gowest2008 | 2010-06-22 23:15

郡上おどりin 青山

こんにちは

みかなです。

私は6月19,20日の土日に東京の北青山で開催された
「第十七回郡上おどりin 青山」を二日間お手伝いしました。

もともと、今の青山に、郡上八幡城の城主であった青山家の江戸のお屋敷が青山にあったことから
「青山」の地名が付いたとされているのです。そこから青山で郡上おどりをおどるようになったのです。


私は夏に(財)郡上八幡産業振興公社にインターンシップでお世話になるので、今回は2日間
産業振興公社の「研修生」として働き、お祭りの準備・物産展の販売なんかをしました。うれしかったのは
産業振興公社として名札を作ってもらえていたことでした!!

初めて会う人、久しぶりに会う人、顔見しりになっている人、お世話になっている人…
今回のイベントにはたくさんの郡上の方が来ていて、郡上を疑似体験できる空間になっていました。お店で販売をしていると、私よりも商品に詳しい人とか酒屋さんの松浦さんの顔見知りという人がたくさんやってきました。びっくりしたのは郡上おどりのおどり手ぬぐいをTシャツにしている人がいたことでした。Go Westのメンバーもちひろとゆりえが手伝いに来てくれたり、たくさんのメンバーがおどりに来てくれて、みんなが笑顔で「たのしかった~」と言っている姿を見て、東京の人にも郡上おどりは愛されていて、だからこそ、17回も続いているのだなぁと思いました。


私は、「郡上の人に郡上の人間として受け入れてもらいたい」という気持ちがあり、自分から仕事を探し、動き回りました。公社のかたに「お嫁にきなれ」って言ってもらえたり、とちの実せんべい屋さんの野田さんに「これだけイベントに参加していたら郡上の人間や」って言ってもらえたことや、観光協会のキミさんに「お手紙書くからね」と言われたことで、少しづつかもしれないけど、私も郡上のなかに入っていけてるかなぁと思っています。

最後に松浦さんにラーメンをおごってもらいながら「郡上のアンテナショップ」をやりたいという話をしました。実現したら絶対面白いだろうなぁと、話をしながらわくわくしてしまいました。

あと1か月くらいで私のインターンシップが始まり、そうするとGoWestの夏がやってくるのだなぁと実感しています。期待も不安もありますが、もう一度エンジンを入れなおして、忙しい中でも、自分の目標や問題意識などをしっかり自覚しながら夏を迎えたいと思っています。

まずは今週のボランティア学会を全力で頑張るぞ!!!


+*みかな*+
[PR]
by gowest2008 | 2010-06-22 12:11

告知 郡上おどりin 青山

みなさんこんにちは

今年も「郡上おどりin 青山」が
東京都港区の北青山で開催されます。

第17回郡上おどりIN青山
日時
2010年6月19日(土),6月20日(日)

時間(変更される場合があります)
郡上おどり:午後5時~午後8時半(6/19),午後5時~午後8時(6/20)

物産展:午後2時~午後8時半(6/19),午後2時~午後8時(6/20)

場所
秩父宮ラクビー場内 駐車場(※昨年とは異なります)

実は「青山」という地名自体が、かつて郡上藩の藩主だった「青山氏」に由來します。郡上との結びつきが深いのです。

交通
東京営団地下鉄銀座線 外苑駅下車後、3番出口から徒歩3分

詳しいお問い合わせ
* 青山外苑前商店街 (http://www.aoyama-gaienmae.or.jp/)


--------------------------------------------------------------------------------

おいしい飴やおせんべいやお酒の物産展+郡上おどりが踊れる
イベントです。梅雨真っ只中ですが、みなさんぜひ浴衣でお越しください★
[PR]
by gowest2008 | 2010-06-18 10:29

ボランティア学会2010プレイベント


ちひろです。


6月12日土曜日に明治学院大学の白金校舎で

学会でも発表してくださる水野さんや家成さんが大阪から来てくださって
インクルーシブアーキテクチャーの実践をしました

ダンボールでシェルター作り
とっても楽しかった!



世の中にはEXCLUSIVEなものであふれている
なにかハンディを抱える人に対して、そのハンディをかばうための「何か」を人は創造してきた


けれどそれは、他方の人にとっては邪魔であったり
無用であったりする

たとえばスロープ




それがむしろ人々を分断しているのではないか

人間が社会において偶発的に分別され、分断される
特別扱いを求めるのではなく、混沌としたなかで
様々なものにぶつかって発展していくことが大切なんじゃないか

そうしてINCLUSIVE DESIGNが生まれた


と水野さんが説明してくださって



建築は建築家の「作品」のように思われるけど

空間は私たちが生きている場所なのに、身近でなく
誰かに与えられ、利用するだけになっている


だから実際にわたしたちも空間を作ってみよう
と家成さんが教えてくださった



これが
既成の空間を捻じ曲げる
わたしたちのなんでもない行動まで限定する規制に抗う

実践なのかもしれないと思った


6月26日にボランティア学会のなかで、またこのワークショップが行われます
ぜひ参加してみてください

わたしも楽しみです


両角千尋


e0169975_16471665.jpg

[PR]
by gowest2008 | 2010-06-14 16:48

トレーニングキャンプ2010


こんにちは、あずさです。

6月5・6日の土日で、トレーニングキャンプが開催されました。
雑草の憎いくらいの青々としたところとか、虫と人の戦いとか、むっとするくらいの土の匂いとか
暑い夏のサバイバルキャンプまでここからあっという間なんだなと思う二日間でした。

プレハブの整理をやっていたのですが、掃除や片付けをしたら見違えるようにきれいになったんです。
たとえば、ラべリングとか配置を変えることで自分たちがもっと使いやすいようにしていくことが
当たり前なんですが、すごく大事だなあと思いました。
今回の片づけでも、満足しないで変えていこうとすることがたぶん大事で。
現状に満足したら、先には進めないのと同じで。
自分たちでやっていくための知恵を出して工夫していくのだろうなあと思いました。

実は、トレキャン前に見沼学2号を読んできました。
見沼の地に生きてきた人たちは、それこそ自分たちでこの地と向き合って、
さまざまなことを変えながら、ずっとやってきたのだろうなあ、と思って。
そういう生き方。
それを、見沼でも、郡上八幡でも、釜ヶ崎でも、白金でも、やっぱり片貝でも見てきたんじゃないかな。
去年の夏が終わったばかりでは、そんな風に思えなかったけれど。
「自治」って言葉をもう一度、自分なりに考えたいなと思いました。


個人的には、わかったつもりは怖いなあと思いました。
言うことは、言葉にすることってやっぱり大事。
わかってると思って、言葉が少なくて、わかりにくい説明になってることが
あたしは多いなあと反省でした。なんて不親切。
新しく来た人が多いならなおさら!
道具も同じく、やり方とか場所とか名前とか、再確認するのが大事だし、
以心伝心しているつもりを、気をつけなければと思いました。

わかったつもりでいるのが怖いなあ。
それで伝わったつもりなのに、うまく伝わってなくて勝手にイライラするのも
怒るのも違うから。
これからまた、新しい人ともたくさん出会って、話していくだろうし、
コミュニケーションをとるという意味でも、もっと丁寧に人とかかわりたいです。

道具の使い方とか、体を使いながら考えるように。
動きながら考えるように。


あずさ
[PR]
by gowest2008 | 2010-06-09 14:40

白金キャンパスが大変なことに!



日本ボランティア学会の白金原っぱ大会のプレイベントとして、
6月12日に大学がとんでもないことになります。


日本ボランティア学会2010白金原っぱ大会は26日、27日に開催です。



=========================

<<2010年6月12日開催>>

日本ボランティア学会2010白金原っぱ大会プレイベント

Inclusive Architecture Workshop

広場にダンボールでシェルターをつくる

=========================

 自分たちの居場所をつくりませんか?

 明治学院大学の中庭「ヴォーリズ広場」で、

500個のダンボールピースを組み合わせて、巨大なシェルターをつくります。

 どんなカタチにしたいかは、参加者全員のアイデア次第です。

ものづくりの経験がなくても大丈夫。実は、ダンボールピースに秘密があります。

秘密は見てのお楽しみ!

 力をあわせてすてきなシェルターを作りましょう!


・ インクルーシブ・アーキテクチャーについて

 建築は決して建築家個人に還元できるものではありません。

にもかかわらず、建築が建つ場所やプロセスにおけるコミュニティを軽視するあまり、

「箱物建築」と呼ばれる空虚な建築が多く存在します。

また建築は多くの場合、高度な産業技術によって成り立っており、

建築家と建築物を使う人(設計する人と設計される人)の二元化をもたらしています。

 私たちはインクルーシブデザインの手法を使ってだれもが「つくる」楽しさを共有でき、

だれもが主体的に建築行為にかかわることができるような道具と

建築素材のデザインにとりくんでいます。

 今回のシェルターづくりは、2009年1月~3月にかけて、

奈良・大阪にて実施したワークショップをベースにして構成されています。

これらのワークショップでは、障害のある人や、建築についての知識や経験のない人たちが、

道具づくりや素材づくりにかかわり、誰でもが参加できる建築手法をうみだしました。



インクルーシブデザイン

・・・英国王立芸術大学院大学にあるヘレンハムリン・センター

が提唱した、魅力的で革新的なデザインをめざすデザインコン

セプトです。これまでデザインのメインターゲットから除外され

てきた高齢者や障害のある人などにも積極的にデザインプロセス

に参加してもらう手法です。日本では財団法人たんぽぽの家が大

学やデザイナーと協力しながら普及活動をしています。



2010/6 /12(土)13:00~19:30

  ワークショップ13時~17時

  トーク18時~19時30分(途中退出可)

会場  明治学院大学白金キャンパス  本館1101教室

参加費 500円

(高校生以下無料。明治学院大学学生は学生証の提示により免除されます)

    

主催  日本ボランティア学会2010年年次大会実行委員会 

    明治学院大学教養教育センター付属研究所研究プロジェクト

     「アートを通じた新しい教養教育の探求」

ファシリテーター 

 家成俊勝(dot architects)

 水野大二郎(京都造形大学講師)

 岡部太郎(財団法人たんぽぽの家)
[PR]
by gowest2008 | 2010-06-09 14:08


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧