Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

秋の郡上訪問【2日目】

2日目は今年のGWで祭に関わる男性、女性の役割分担など
GWを終えて掘り下げて聞きたい部分を本町の方々を中心にインタビュー。


まずは上田酒屋の松浦さんの奥さんに。
そのインタビューで印象深かったのは
・男性が踊りや祭りや東京の物産展のために店を空ける時は女性がお店を守ること
・阪神淡路大震災後の郡上踊り
・商店街の女性が世代を超えたコミュニティーを形成している、ということ。


特に、商店街に住む女性のコミュニティーは興味深いことがたくさんあった。
月1回程度、回覧板のように回ってくる案内。
その案内が来ると夫もお姑さんも気持ちよく送り出してくれる。

20代後半から60代まで幅広い年代の人が参加していて、本町の奥さんたちはほとんど加盟しているらしい。よそからお嫁に来たり、引っ越してきたなどして頼れる人が身内にしかいなくても、
この会に参加できれば、公園デビューでは無いが、奥さんたちの商店街デビューとでもいうように、
商店街の情報を得たり、ちょっとした相談をしたり、また防犯の面でもかなり重要になっているみたいだった。


私の母もよくおばさん友達と休日にボーリング→ランチという月1回程度の会がある。
子どもの同級生の親で仲良しおばさん4~5人くらいでつるんでいて、
子どもや夫、自分の親たちのことまでランチをしながら、お茶をしながらずっとだべっているらしい。
夕方帰ってくるとそこで話した内容の一部を話してくれたり、
子供同士は連絡を取り合っていないのに、親つてで友達の情報が入ってくることもよくある。


私の母の会と郡上の女性のコミュニティーが同一の役割を果たすものかはインタビューの中だけでは
すべてを汲み取れなかったが、
この話を聞いて、志田町倶楽部の活動に参加したり、都内を歩いて思う都心のマンション暮らしの近所付き合いやコミュニティーの希薄さだったり、防犯のためにカメラをつけている自治体の改善策は本町の女性たちのようなコミュニティーつくりから始めてみたらいいのではないかと思った。



その後、松浦さんのから紹介してもらったお蕎麦屋で昼食を取り
(後から気付いたが、この店でちょっとした出会いがあった。)、
e0169975_5471522.jpg

みかなちゃんと2人で宗祇水祭のお茶室ができた由来を伺うことが出来た。
その後もしいちゃんとインタビューを続け、お話を聞こうと思ったら鮎までごちそうになり、
e0169975_5442485.jpg

気付いたらまた松浦さんのお店で落ち着いてしまった。



2日目は1日をとおして本町を中心にインタビューや街中を歩いて、
郡上のことが去年より知れた気がした。
行くたびに思う郡上の魅力、まだまだ知らない郡上の魅力、今度は春に郡上を訪れてみたいと思う。

かな
[PR]
by gowest2008 | 2009-11-10 05:49

カフェ連 寄りあう住まい方


きのうは白金校舎にてボランティア学会の主催するカフェ連に初参加。今回のテーマは2人のゲストのコレクティブハウスへのとりくみから住まい方について考えるというもの。

産まれてから一度も引っ越しもしていないし、一人暮らしもしたことがない、さらに親戚がすぐそばに住んでいるため、住まうことに不安を抱いたことや孤独を感じたことがほとんどないわたしはむしろ一人暮らしをちょっとうらやましいとも感じる。

ゲストの方が提案しているのは障害のある人もない人も若い人も年寄りも同じ空間で協力しながら住まうこと。それは支援する側とされる側という関係性の固定ではなく、意志と責任をそれぞれが持つというもの。

関係性が固定されないということはある意味、定義がされないということで、関係性の固定によって確信がもてた意義や義務が関係性の解放により一気に崩れる。
そこで自分がこうする意味は何なのかといったことに深く踏み込んでいく。時には理由なんてないよと思う。
それは時に面倒くさい。固定された関係性の方が楽な時もある。

関係性を切るのは簡単だ。目を閉じる、下を向いて歩く、イヤホンをする。それに比べて関係性を復活したり、築くことはわりと勇気がいる。目を開ける、前を見て通り過ぎるものを見る、イヤホンをはずす。でも意外とやってみると心地がいいし、できるもんだ。

下宿をもう一度復活させたいという話もでた。大学に通うために多くの学生が上京して一人暮らしをする。卒業してしまえば、そこで4年間も過ごした時間があるのに再び行ってもその地域に根差した人々と顔を合わせ、泊まる場所はない。そういうのはさみしいことだと思う。

人生の中でそれぞれの場所で過ごす時間がそれぞれでコマぎれになってしまい、自分の人生がつづいているもので連なりのあるものだという考えにも及びにくくなるのではないか。また、大学が下宿を斡旋していたという話を聞いて、下宿は地域と大学とのかかわりにも大きく貢献するもので、地域住民のために開く講演会なんかより住民の生活の助けにもなる部分があるし、下宿生に迷惑かけられてもなんとなく一緒に住んでいれば愛着がわいたりするのではないかとも思う。戸塚のまちに受け入れられていない感じがするのは、そういったことも関係しているのかもしれない。


最後に子ども部屋はなくすべきだという意見が出た。わたしはう~んという感じ。わたしの家は自分の部屋なんてないも同然で、そのかわり共用スペースが大きい。小さいときは家自体が秘密基地みたいで、小さいからとても大きく感じた滑り台が家の中にあったり、なげしに縄跳びで結びつけたクマのリュックサックをブランコにしてよく遊んだ。わたしにとって家は一人で勉強するところではない。そんな自分の家が大好きだったけど、今はもっとちゃんとした個室が欲しいと思う。でも、家族の面倒くささから逃げられない中で、育ってきたことは自分にとってよかったとも思う。

久々にほとんどが知らない顔ぶれの中にgowestメンバーといたような気がする。こういう緊張感は久しぶりだなと感じる。GO WESTが層になってきたり、ある場所に知り合いができてきたりして、そこに再び行くとほっとする気持ちも大事だけど、じっくりと時間をかけてつくってきたものを自分なりにつなぐこと、新しい人や場所にぶつけることも大事だと思った。そこでこそつながる力が試されるし、活きるし、活かさなければいけないのだと思う。


かなた
[PR]
by gowest2008 | 2009-11-09 02:08

宮下公園 工事着工前

e0169975_19214367.jpg
今日は渋谷に行った。原宿から古着屋を巡りながら、宮下公園を通りすぎ渋谷まで歩く。

宮下公園には、明日から着工する張り紙がいたるところに張られ、ベンチに50代くらいの男性が談笑をしている。


宮下公園付近には警察官が辺りを見回し、巡回していた。

宮下公園を巡回する手に警棒を持つ警察に、明日からの宮下公園封鎖の工事のためなのか尋ねたところ、「全然関係ないしここで何か事件が起きたわけではない、大統領関係のこと」と言っていた。


宮下公園内に椅子をだし新聞を読む50代半ばくらいのおっちゃんに話を聞く。

おっちゃん自身のことをあまり聞くことが出来なかったが、宮下公園のナイキパーク化による基本的な情報を聞いた。

最近、大学生が良く宮下公園に来てはナイキ化について聞いていくという。ナイキと区役所が提携していて、話を聞いたおっちゃんは「自分達がどうこう言っても仕方がない」と言っていて、思いのほかさっぱりしている印象だった。
また、明日から工事は着工せずに10日程遅れるとも言っていたが、理由までは分からない。
ただ、都会の一等地にある公園がただの通り抜けするだけの場になるのは悲しいと言っていた。

昼間の宮下公園は、小屋の中が良く見え生活感を感じることが出来る。話を聞いた警察の方も、椅子を出して新聞を読んでいたおっちゃん、歳は同じくらいで二人とも別れ際の笑顔が可愛かった。

ナイキ化して、スケートボード場が出来て、電車から見えるのはブルーシートの小屋ではなく、ナイキの看板が見えるだろう。


11月9日の着工開始の前に…。

もりたゆうき
[PR]
by gowest2008 | 2009-11-08 19:21

二回目の郡上八幡

11月2、3、4日に学園祭期間のお休みを利用して、郡上八幡に再訪する。

今回ははるきさんの車に乗せていただいた。

郡上に近づくにつれ山が切りだち始め、懐かしい景色が広がり始める。
今年の夏にgowestの旅で訪れたときから約2ヶ月半経った郡上は秋に彩られ、夏とはまた違った良さがあった。


今回の郡上行きの話をきいたとき、始めは行くかどうか、実は迷っていた。
でも、10月に行われた港区民祭の物産展で郡上の方々とお会いしたときに、

「久しぶりやねー」
「元気やったー?」

と、声をかけていただき、とても郡上が恋しくなり、行くことに決めた。
一回きりの関係になりたくないと思ったのだと思う。
リカルドさんや先生も親睦会のときにおっしゃっていたけど、「会う度につながりが増え、深まる」なぁと感じる今回の訪問だった。


2日は、市役所商工観光部観光課へ今年の夏のgowestで感じたことや疑問に思ったことを伝え、また、観光客の推移や、踊り会場の日程の移り変わりなどの資料を見せていただき、どのように住民の自治が行われ、そこに行政が関わっているのかなどのお話も聞けた。
ここでは、本当に先生に頼りっぱなしだったのが反省。
「人に伝える」ということをもう少し場数を増やすなりして鍛えたいなと思う。


この後、お好み焼きと焼きそば屋の「かたぎり」に寄る。
夏に訪れた際、観光課で頂いたポスターをここで忘れたのだが、そのポスターをわざわざとっておいてくださっていて、忘れた日のこともきちんと記憶してくださっていた。

「よかったな~」

そう言って笑ってポスターを取り出してくれた女将さんのこの、人のあたたかさも郡上の魅力だと思う。


そして夜は産業振興公社の畑中さんにライトアップされた郡上城の案内をしていただき、その後、リカルドさんを囲んでの夕食会を行う。

リカルドさんとの夕食会で印象深かったお話は、「一般の踊り手にしかできないこともある」ということ。

自分たちが楽しんで、まわりの人たちを楽しませる。やっぱり人が楽しくて引き込まれるから次も来たくなる。人でつながっていく。

これは仕事でも同じことだとおっしゃっていた。今回は踊り手としてのリカルドさんだけでなく、仕事や歌舞伎のお芝居の話などが聞けて、より、“リカルドさん”という人に出会えた。



3日は、今年の夏に郡上に訪れて出てきた疑問や話をきいてみたい方にお話を伺う。

まず、松浦さんの奥さんにお話を伺う。
伝説の歌い手と言われるおじいさまのお話をきく。その当時の保存会の話から、町の様子、祭りのときの女性の役割、若奥様同士の頼母子講のお話などいろんな貴重なお話をきくことができた。郡上の方はいくつもの頼母子講に所属していることが多かった。頼母子講ではそのコミュニティー内で積立金が行われており、その貯めたお金で旅行へ行ったり、困っている人がいたら貸したりする。世俗のルールではない、別のルールがその中には存在する。先生がおっしゃっていたのだけど、これもひとつのアジールだなぁと思う。

その後、天野屋さんのご主人や、おはやし倶楽部の会長さんや、鮎焼きのご主人にお話を伺う。

この日の夜は夏にも訪れた「味蕾」で、畑中さんや郡上舞紫の方々、本町の方々も忙しい合間を縫って来ていただき、一緒に親睦会を行った。
会う度にその人の魅力というものを知ることができると思った。gowestでは、「顔」と出会っているということを実感する。その人がどう地域と関わっているのかということに興味がわいた。



最終日の4日は岐阜に戻り、岐阜県庁で観光交流推進局局長の古田菜穂子さんと会う。

古田さんのブログはこちら→http://www.soho-japan.co.jp/furuta/index.html

古田菜穂子さんの岐阜に対する思いや、生き生きした顔を見て、刺激を受ける。
明治学院大学のOGであり、明治学院の国際学部の辻先生と馴染みがあるとのことで、今後何か起こせそうな、わくわく感が起きた。



今回の訪問では、初めておはやし倶楽部の会長さんや古田菜穂子さんにお会いできたり、今年の夏以来の二回目、三回目の関係を築けたり、とても実のある訪問だった。

なぜだか、郡上で再び夏に出会った人たちと会って、ほっと和むときがあった。実際会うと、またつながる関係って心地がよいなぁと思った。







しずか
[PR]
by gowest2008 | 2009-11-08 01:04

秋の郡上訪問【1日目】

11月2日から郡上八幡を訪れました。
私は今年の夏には行けなかったので、去年の夏ぶり、2回目の郡上八幡。

目的もすごく曖昧なもので、
GWで出会った人と1回だけの関係では終わりたくないと思って静岡、大阪には行けていたもの、
郡上の方々にいつも東京に来てもらってばかりだったので、今回再び郡上を訪れることが出来て、
GWでつながっている人やもの、場所の居心地の良さを感じることが出来たと思います。


1日目の私は車組と合流するまで先生とずっと一緒に行動していた。
GWでは鈍行電車を乗り継ぎ長い時間をかけて移動するのに、
今回は新幹線であっという間に名古屋へ到着。

名古屋までは今年のGWの話、私の就活の話、続GWの話などをしていたが、
そこで印象深かったのは続GWを終えてどう考えていくかということ。


同じ興味を持ってGWに参加した4人。
その後もわたしたちの関係は続いていて、うわべだけではないかなり濃い関係になっている
(と私は思っている)。
続GWでは、その4人の家を訪問し、家族に出会い、それぞれを形成している素材に出会ってきたと思う。
しかし、それがなんだったのか?家族構成?食べているもの?家の間取りや水周りなど?
いろいろな可能性があるが、そこまで踏み込んだらすごく面白いと先生との話の中で出てきた。
私はその人自身を形成していくものの大元は家族であると思っていたが、それだけではない気もしてきた。
答えがひとつではないし、それが何なんだか未だに分からないが、
彼女たち3人とこれからも関係が続く限り、私の中では秘かに考えていくのだろうと思う。


その後名古屋駅に到着し、バスの時間までにうろうろしてみる。
初めての名古屋は人も多く、にぎわっていて、
東京で似たような場所に出会ったことがあるような気がした。
名鉄デパートの前でイベントに出ていたドアラにハイタッチをし、
天むすと味噌カツおにぎりをひとつずつ買い、バスに乗り込む。
そこでも、今年のGWメンバーの話、私の就活の話はちらほら出てくるが、
農園でやったこたねのムービーを見せてもらう。

今年はこたねをいろいろな場所でさまざまな人を対象にやっている。
その多くを私は見ていない。
何か形に残して、その人自身に直接会うことが出来なくても、
こたねからGWで出会った人々に会ってみたいと思った。


車組より早めに郡上入りした私と先生は徒歩20分ちょっとと書かれた道のりを
30分近くかけて懐かしい郡上の町並みの中へ入っていった。
今年のGWが行動した範囲を紹介してもらい、松浦さんに少しお会いし、
去年訪れた本町周辺の町並みを懐かしく思いながら歩いてみる。
お昼は喫茶店でピザとスパゲッティーを。
普段はスタバやドトールといったお店に入ることはあるが喫茶店などめったに行かない。
郡上にはそういったチェーン店のお店は見当たらず、
昔からあるような喫茶店はこの町によく似合うなと思った。

車組と合流し、私とはるきさんは市役所へは行かずに、観光へ。
車組が来る前に先生と地図を見て確認した道を去年のことを思い出しながら歩いてみる。
いがわこみち、旧庁舎記念館、サンプル工房、本町の通り、博覧館など、
懐かしさもあり、去年と違っている部分もあったり。
秋の郡上も観光客が多く見られ、夏の踊りの時期だけではない郡上の魅力があることをあとから聞いた。

e0169975_23274348.jpg

写真はサンプル工房で天ぷらとレタスのサンプル作りを体験した時のもの。
本物みたいな海老天はおみやげとしてあげた友人もびっくりの品。
レタスは家に帰ってきた頃にはサラダ用のように細かくなってしまっていたのが残念だったけど、いい思い出になった。

その後、市役所組と合流し、宿に一度戻り、夜の郡上八幡城へ。
ライトアップされた郡上城と赤くなり始めている紅葉がすごくきれいだった。
上から見る景色からは魚の形に似た、高い建物があまりない町の様子を見ることが出来、
この1日で郡上の町を上からと下からどちらの視点からも入りこむことが出来た。

夕飯はリカルドさんと一緒にいただく。
高雄歌舞伎を前日に終えたリカルドさんから歌舞伎のストーリーを聞いたり、花農家の話、岐阜花き流通センターの話など、踊りではない、リカルドさんの一面を垣間見れ、郡上踊りでのリカルドさんはすごくかっこいいのだけれども、農や地域に関わるリカルドさんももっと知りたいと思った。

かな
[PR]
by gowest2008 | 2009-11-06 23:45

秋の郡上の旅 by みかな

おはようございます。


私も11月2日~4日に郡上八幡へ行ってきました。

先生がこの時期に郡上に行くとおっしゃったとき、すぐ「行きたい!!」と言って行くことになり、
最初はまた郡上に行けるという楽しみでウキウキしていましたが、
この旅が夏に行ったgowestの調査の続きになり、再び商工課の方にもお会いすることになり、
「責任重大だな」と思い、だんだん緊張してきて、そしてはるきさんの車で郡上につきました。

でも着いた途端、夏の時にみんなで見た、歩いた風景が目の前に飛び込んできて、すごく懐かしく思い、すごくほっとしました。秋の郡上はちょっとずつ紅葉していて、山がオレンジ色になりつつ、空気は冷たいけれどやっぱりすごく透き通っていました。

2日はまず商工観光課へいき、夏にも一度お会いした方々に会い、私たちが夏に郡上で感じたこと、逆に入り込んでみてもっと知りたいと思ったことをお聞きしました。この時、すごく緊張していて、先生にすごく頼ってしまったなぁと思います。でも今までの郡上おどりの観光客数の推移や、役場と振興公社と観光協会の違いなどが分かったことが大きな成果だったと思います。(詳しくは別にまとめます)

夜は畑中さんに郡上八幡城のライトアップに連れて行っていただいたり、「たか陣」さんでリカルドさんと夕飯を食べながら、リカルドさんのお話をお聞きしました。夏に来た時はリカルドさんのお話をゆっくりと聞く機会があまりなく、今回は「高雄歌舞伎」のお話や岐阜の花農家の出荷の仕組みなど、詳しく話してくださり、おどりの時とはまた違ったリカルドさんのカッコよさが見えました。

3日は午前中は松浦さんのお店に行き、奥さんに、奥さんのおじいちゃんのお話(伝説の歌い手)や本町の奥様たちのコミュニティーのつながり、お祭りの時のかかわり方などをお聞きしました。午後は私は呉服店の奥様にもお話をお聞きしました。今回初めて女性の方にお話をお聞きしたことで、女性の方はお祭りのとき「お店を守らなければならない」という部分があり、お祭りには参加できない、物産展などで旦那さんが郡上を離れてしまう時も奥様がお店をきりもりする。そういった構図が出てきました。でもそれはすごく自然なことのようでした。ですが、お茶室については女性が話し合いや事前の準備などをしているそうで、それは始まりはお二人の奥様が宗祇水のすぐそばで始めたことだったそうです。

そのあと私は畑中さんの所に先生と一緒に行き、産業振興公社が借りて、経営している「伊之助」を見せていただいたり、事務局長ともお会いして、来年の8月に3週間私が産業振興公社でインターンをさせていただくので、そのお話をさせていただきました。インターンで学生を受け入れるのは初めてのことだそうですが、とても好意的で協力的で、私の滞在先などの心配までしてくださいました。夏は忙しく、みなさん人のことをかまっている場合ではないくらいなそうなので、私も足を引っ張ることがないように、そして郡上にもgowestにも自分にもたくさんたくさんフィードバックできるようにこれから8月まで準備をしていきたいと思いました。

夜は畑中さんや郡上舞紫のかた、次の日から物産展で忙しい中でも本町の方も来てくださいました。今回役場の方がいなかったのがちょっとだけ残念だったなぁと思います。でもそこでも有意義な時間が過ごせたなぁと思います。

4日は郡上を離れ、「岐阜県庁」へ行きました。そこで私たちの先輩にあたる古田さんにお会いして、今までどんなことをしてきて、今はどんなことをしているのかお聞きして、とにかく一言では表せないのですが、すごくパワフルでスマートで岐阜を愛しているんだなぁと思いました。古田さんに岐阜のお話をされるとすごく引き込まれて、私はこんなに地元のことを知らないし、魅力的には話せないと、ちょっと悔しくも思いました。民間から県庁に来る時はすごく戸惑ったそうですが、今でもやることがいっぱいだとおっしゃりながらもすごくイキイキしていられました。

2泊3日の旅はあっというまでしたがすごく充実していました。夏に会えた方にまた会えてお礼を言えたこと、また来年につながるつながりができたこと、報告書を作るにあたっても裏付けをとれたこと、何より郡上のおどりとは違った良さをたくさん発見できたことがすごくうれしかったです。
郡上に永久就職するのもいいなぁとか思いました★(もらってくれる人がいないかもしれないけど 笑)
[PR]
by gowest2008 | 2009-11-06 11:22

秋のgowest郡上2009

みなさん。こんにちは★

みかなです。


今回学園祭シーズンのお休みを利用して、郡上八幡にやってまいりました!!

何をしたのかと言うと、
・gowestでお世話になったかたたちにお礼をする
・gowestを終えて疑問に思ったこと、深く掘り下げたいことの調査

がメインでした。

一日目は午後二時くらいに着き、市役所に行く組と町散策組に分かれて、夜は郡上城のライトアップに連れて行っていただいたり、リカルドさんのお話をお聞きしたりして

二日目は午前中はみんなで酒屋さんの奥さんにお話をお聞きし、午後は2つのグループに分かれて本町のかたたちへのインタビューをしたり、私は インターンシップのお話をさせていただいたりして、
夜は交流会でした★郡上舞紫の方も本町の方も公社の方も来てくださってまた郡上の方とたくさん会うことができて、みなさん元気そうでなによりでした。

今日はこれから岐阜県庁へ行きます!!郡上の秋の魅力や人の暖かさや美味しい食べ物に触れながら、また郡上を離れるのが寂しくなっています。。また郡上に早く来たいなぁと思っています★今日はそれで帰るので詳しくは一人一人がここで報告しまぁぁあす(*⌒▽⌒*)
[PR]
by gowest2008 | 2009-11-04 10:00


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧