Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

農的若衆宿2011 百姓の底力



農的若衆宿2011 百姓の底力
 ー原発を止めた男 島岡幹夫さんをお招きしてー

2011年11月12日~13日
 (12日10時開始/13日12時終了)

講師 島岡幹夫さん(高知県四万十町/有機農業者)
   猪瀬良一さん (見沼田んぼ福祉農園代表)

会場 見沼田んぼ福祉農園
  東浦和駅より、国際興業バスさいたま東営業所行きバス乗車。「総持院」下車
  場所の詳細は、見沼田んぼ福祉農園ホームページを参照のこと。

参加費 3000円 (一泊 三食込み)
    
主催  見沼・風の学校
共催  見沼・田んぼ福祉農園
申込  見沼・風の学校事務局
    kazekoukou●ybb.ne.jp(●を@に変換)
     090-6938-9211(猪瀬)


  高知県窪川町(現四万十町)。四万十川流域に
広がるこの自然豊かな農村に、原発建設が計画さ
れたのは今から30年ほど前のこと。生命を育む農
的の論理と、生命を脅かす原発の論理とは相容れ
ないと、農民や漁民を中心に保革を越えて多様な
住民たちが反対運動に立ちあがり、10年間のたた
かいの後、計画を白紙撤回させました。
 このような反対運動と、それを支えた住民の自
主的学習の延長で、現在、窪川―四万十町では、
豊かな環境資源を保全・活用・創造するため様々
な仕事づくりや、住民自治活動が展開されていま
す。
 今回の農的若衆宿では、窪川原発反対運動のリ
ーダーで、有機農業者でもある島岡幹夫さんをお
招きします。島岡さんが原発を如何に拒否し、国
内外の仲間と<たたかい>を組織したのか、<た
たかい>の後に、今どんな社会的な事業を企てて
いるのかを伺います。
 そして、原発危機の中に生きる私たち、今、何
をなすべきか、見沼田んぼの大地の上で考えます。


興味・関心のある方ぜひご参加ください!!
[PR]
by gowest2008 | 2011-11-03 23:57
<< こころのたねとして郡上八幡 農的若衆宿2011・秋のお知らせ >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧