Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

郡上八幡~春の旅~

こんにちは。ゆりえです。4月の始め、私はみかなさんから「春の郡上の旅」という、なんとも行く気をそそられるお誘いメールを頂きました。4月の16~18日、まさに春というこの時期に、私はみかなさんと郡上八幡の春を見に行くことに決めました。去年の夏以来約8カ月ぶりの郡上八幡。そしてはじめての春。

15日の夜中横浜からの夜行バスで名古屋まで向かい、そこからまたバスで八幡へ。長く遠かったけど全く苦ではありませんでした。八幡に着いた瞬間から、みかなさんの八幡でのバイタリティそして人とのつながりの広さ深さに驚かされます。みかなさんは常に八幡のどなたかと連絡を取り合っていて、そこで、町の人が車で迎えに来て下さったり、送って下さったり、ここにいるよと呼んで下さったりと、行動が決まっていくこともあります。そのおかげで、私は、夏のときよりも何倍もの郡上八幡の町の人たちとお知り合いになることができました。


一日目は郡上八幡城での撮影会、立派なうちかけ衣装を羽織り、お城をバックに撮影会が進んでいきます。地元の写真好きのおじさま方10人くらいに囲まれて、撮られます。なかなか体験できない面白い貴重な時間でした。午後は松浦さんの(本町の酒屋さん)ところへ行き、報告書をお渡ししました。後になって思ったことなのですが、やっぱり、自分の手で報告書を松浦さんにお渡しすることができて本当に良かったです。帰る日に、松浦さんのところに行ったとき、直接感想を頂けたからです。「ラブレターやな。ありがとう。」松浦さんをはじめ八幡の方々のことをいっぱい考えて報告書を作成した私にとっては何より嬉しいお言葉でした。夜は愛宕神社で行われている、お花見に参加しました。LEDのライトと、ろうそくの灯りと、上を見上げると枝を存分に広げて咲き誇る桜。素直にきれいで感動しました。なぜ感動的なのか。それはきっと、それを企画して、準備して、実現させている人が八幡の町の人間であって、その人たちの地元の人を喜ばせようという想いが見ていて伝わってきたからだと思います。おいしいお肉とお酒があって、地元の人たちと、夜深くまで語り合えたことが嬉しかったです。またその日は、河合研さんにもお会いし、報告書をお渡しすることが出来ました。

二日目はのんびりと平甚のお蕎麦を食べ、新しくできたサンプル工房のカフェのソフトクリームを食べ、小駄良川で小さい声で歌って(川の音で多少ふつうに歌っても周りに聞こえないのが良い点)過ごし、夕方は愛宕神社でろうそくに火を灯すお手伝いを少しして、夜は大介さん、修一郎さん、畑中さん、みかなさん、私で美味しい焼きしゃぶを食べました。この時期だからこそ聞ける神楽の話(八幡には3つの神楽があり、町によって音楽などが多少異なるそうで、修一郎さんと畑中さんは自分の町の神楽が一番いい!という小さな言い合いを楽しく行っていました^^)はとても面白いものでした。その夜は、清水長屋というところに泊りました。そこにジョインハンズ(みかなさんのブログ参照)のみなさんや公社の方、谷澤さんも来て下さってまた、楽しい語り合いを聞くことができました。

三日目は市役所へ行きました。商工観光部の大坪さんや、市長公室の田中さんに報告書をお渡しました。大坪さんから、栃木県の那須塩原が郡上軍にゆかりがあるというお話を聞き、まさか自分の出身県と郡上につながりがあるとは思ってもいなったので驚きました。今年の9月に塩原で郡上おどりがあるそうで、夏には詳細も決まるということだったので、その時にまた詳しいお話をうかがいたいなと思います。終わってお昼を食べ、お土産を買い、夕方頃郡上を出ました。


3日間、とても速く感じました。それだけ楽しく笑って過ごせたということだと思います。充実を感じることができました。地震や原発問題があり、家にいることも多かったけれど、今回の郡上八幡春の旅は、動いていなかった、弾んでいなかった心と身体を動かしてくれるいい機会でした。
また、今回の旅で3年から始まったゼミともリンクして考えることができました。今年のゼミのテーマは「地域力」で、まだ何ができるか、やれるかわかりませんが、これから深く考えていきたいと思います。収穫の多い3日間。誘ってくれたみかなさんと迎えてくださった八幡の人たちに感謝の3日間でした。
[PR]
by gowest2008 | 2011-04-19 15:55
<< 郡上おどり2011@戸塚 郡上八幡春の旅2011 >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧