Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

桜が咲きました


こんなに桜の開花を心待ちにしたことは今までになかった。それでも春はやってきた。よかった。
自然の営みは人間の手の届かないようなところにあって、それでもその境界線を越えようとする人間たちにも春という季節はやってきた。本当にありがとうと言いたい。

e0169975_05257.jpg


原発が爆発してから、急に自分の周りのすべてが愛おしく感じられる。風も木陰も太陽も大地も。これがなくなってしまうなんてとても耐えられない。ここで生きられないのだとしたら、果たして生きる意味はあるのだろうか。そう感じてしまう。

わたしたちはどこに行こうとしているのか。毎日のように、募金活動をしている人たちを目にする。声を張り上げて、被災地の惨状を訴えている。それがどのように誰に使われるのかを知らずに呼びかけたり、募金をしている人は少なくないと思う。もしかしたら、原発を支持する形で、もしかしたら、弱者にはいきわたらない形で、使われるかもしれない。そう思うと今の状況では、募金をよびかける気にも募金をする気にもなれない。

おとといの鎌倉9条の会で内橋さんが「救済と同時に糾弾も大事だ」と言っていた。わたしが今やりたいのは、後者だと思う。「こんな非常事態」でも「元の」社会システムへの「復興」は着々と進んでいる。わたしたちが目指す復興は「元の暮らし」や「元のシステム」であってはならないと、強く思う。
こんな時に動けないのなら何のための学問なのかと考えてしまう。学問のはしっこをちょっとかじっているだけだとしても、学生として動きたいと強く思う。

昨日は高円寺の反原発デモに参加。すごい参加者の数だった。ほっとした。
日本には、声をあげる人はもういないのかもしれないと思っていたから。もしかしたら、あらゆる政策を成功させるために、反対する人を少数派や異端派として扱ってきた政府のロジックによって、そう思いこまされていたのかもしれない。

素人の乱系のデモだったから、音楽あり、ビール片手に、面白い掛け声でデモがすすんでいく。笑いのあるデモ。

友人は「ここにいる人たちのどれだけが原発について詳しく知っているのか」と言っていたが、専門的な知識から論理的にではなく、直感的に、本能的におかしいと表現できるのってやっぱりいいなと思う。

e0169975_0524712.jpg


デモの途中、長い長い列に一人の若い男性が飛び込んできた。すぐに警察官におさえられる。
何を言っているのかはよく聞こえなかったが、「原発で働いている人もいるんだ!」という言葉だけが聞こえた。彼に対して、同じように感情をコントロールできなくて警察官におさえつけられる人、「帰れ」コールをする人たち、「お前、原発って漢字読めんのか?」とバカにする人、「落ち着こう」とデモ隊に促す人。いろんな人がいた。わたしは1対大勢の中に飛び込んできた彼の話が聞きたかった。もし彼が原発で働く人たちのことを本当に大事に思っているのだとしたら、彼らがなぜあんなにも危ない場所で働かなくてはならないのか、その裏には何があるのかについて一緒に話しあえたはずだから。本当に「反原発」を訴えるならば、「できるなら原発はない方がいいと思うけど、今の社会にはなくてはならないと思うからNOとははっきり言えない」と考える人や進んで賛成する人たちとつながっていく以外に方法はないと思う。なぜ、彼らがそう考えるのか、そう考えるようにしてきたロジックは何なのか、そこまで考えて動かなければ、「反原発」は届かない。

あれだけの人々が集い声をあげたことと彼をあの場から排除したことは、デモという表現の場の可能性と限界をわたしに見せてくれたように思う。

この間、幼なじみに偶然会った。立ち話しているうちに、話は都知事選のことになった。今回の卒業式でも国歌斉唱で起立しなかった教員に処分があったことについて聞くと、「そんなに考えすぎなくていいんじゃない?そういう気持ち悪いことを考えちゃうから歌えなくなっちゃうんだから。起立くらいしてもいいと思う。」と言われた。

気にしないで、考えないで生きることは楽かもしれない。でも、幸せだとはとても思えない。つらくなる苦しくなることの方が多いのだと思うけれど、やっぱり目を開いていたい。

e0169975_0522119.jpg


気にしない、考えないのでもなく、ただ同じ主張の人とだけ群がるのでもなく、この世の中を笑って生きるために動いていたい。

かなた
[PR]
by gowest2008 | 2011-04-11 20:44
<< 郡上八幡春の旅2011 見えない でも見出さないと >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧