Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

gowestexpoが終わって

こんにちは。あかねです。報告書を書き終えて、エキスポも終わってしまってほっとした。この1年の締めくくりだったように思えた。でも旅は始まったばかり。
エキスポでは私たちが伝えたことが伝わったのだろうか。でも自分ではこたねの良さを改めて感じた。練習のとき麻以さんと先生も言っていたことだが、「聴いてる人が想像する間が大事だ」と。自分の発表のときは緊張してあまり考えられなかったけど、自分の頭の中にその時の場面が甦る。ごつごつして冷たいけど両手で優しくお餅を受け取ってくれたおっちゃんの手の感触が私の手に残っている。それが聴いてくれた人にそれぞれの形で再現される。私はその手の感覚を伝えたかった。
藤崎さんと吉田さんの関係や、藤崎さんとこまどりさんのような関係は私にとって素敵に思えた。それが正解かわからない、というか正解なんてないと思うけど。こまどりさんの言う「もちつもたれつ」っていう言葉がいいなって思った。具体的なものはまだないけど、私も私なりの関係性を誰かと作り出せたらいいな。
Gowestは良い意味で私の人生を変えてしまったと思う。今までの私はまさしく、「かわいそうな野宿の人を救ってあげたい」という使命感を持った人間だった。(今も私の根本はそうなのかもしれないけど)でも頼ったり頼られたりする関係が自分と誰かの間や誰かと誰かの間にあったらいいなって思う。それができるだけ多くの人の間にできたらもっといい。
エキスポには皆さんの両親の方々がいらっしゃった。そうやってできるのはすごいと思った。私の親は私が大阪に行ったことを知らなかった。でもこれをきっかけに報告書を渡してみると、父親が私のレポートのみだったが丁寧に読んでくれた。そのあと夕御飯の間ずっといい争いだったけど、私の考えてることがすこしでも伝わっただろうか。そうやって少しずつでも考えたり話し合ったりする時間ができることも大切だなと感じた。

また釜ヶ崎に行こうと思った1日だった。

あかね
[PR]
by gowest2008 | 2011-02-19 15:33
<< Gowestのエキスポ Go West EXPO201... >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧