Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

Go West EXPO2011追加情報

2011年2月2日時点での追加情報です。

□□■ □□■ □□■ □□■ □□■ □□■ □□■ □□■
明治学院大学共通科目「ボランティア実習101」授業成果報告会
Go West EXPO 2011
――旅は道連れ、世は情け――
□□■ □□■ □□■ □□■ □□■ □□■ □□■ □□■

2011/2/13(日)13:00~18:00
会場 アーツ千代田3331 http://www.3331.jp/
地下1階エイブルアートスタジオ(銀座線末広町徒歩1分)
参加費 無料 (資料代・飲食費は実費をいただきます)    
主催 明治学院大学「ボランティア実習101」Go West実行委員会
協力 明治学院大学教養教育センター付属研究所×明治学院大学国際平和研究所
日本ボランティア学会カフェ連Tokyo実行委員会    
申し込み+問い合わせ gowestmgu@gmail.com
045-863-2080

《プログラム》
【プログラム0】9:00~12:00
・オプショナル・ツアー「Go Westトーキョー散歩」
GWメンバーの案内で、東京をGW的に歩く。
☆上野篇…集合:9時に上野駅中央改札口
上野駅、上野公園、アメ横などを歩き、寄り道をしながら会場までの旅。
☆新宿篇…集合:9時に新宿駅東口交番前
新宿駅内のカフェベルク、模索舎などディープな新宿を歩く旅。
※参加者は要事前申し込み(gowestmgu@gmail.com)

【オープニング】13:00~13:40
・GWムービー上映
・オープニングトーク
「限界芸術論を再考する:環境とケアの融合の観点から」
石井秀樹さん(法政大学特任研究員/見沼・風の学校スタッフ)

【プログラム1】13:45~16:00
<Go West実践報告>
GWの旅の経験をアートで伝える
ワークショップ&パフォーマンス
①「様々な人々とつくる 即興演劇ワークショップ」
見る人、見られる人という区別なく誰もが参加できる即興演劇ワークショップ。多様な人が一緒になって演劇をつくり上げるというプロセスを通じて、異質な交流を生むと同時に、その異質な交流から生まれる創造性を会場全体で体感する。
②「GWメンバーが語るGWの旅から、詩を書くワークショップ」

ワークショップで作った詩や演劇の発表を通して感じたことなどを、全体でディスカッションする時間も持ちます。

#その他、展示やプレゼンテーション、カフェ、GWの訪問場所である郡上八幡から届いた物産も販売。

【プログラム2】16:10~16:40
・「こころのたねとして」
GWメンバーが旅で出会った人々と、土地の結びつきを詩にして発表。

【プログラム3】16:40~18:10
・シンポジウム:「旅は道連れ、世は情け」の思想
トークゲスト:原田麻以さん(NPO法人こえとことばとこころの部屋)、ココルーム常連客Iさん、吉田弘一さん(わらじの会)、藤崎稔さん(わらじの会)、秋葉陽輔さん(山形の果樹農家)、仮屋崎健さん(こまどり社)ほか…

【打ち上げ】18:10~20:00
・一品持ち寄り打ち上げ
あなたの「家庭の味」のおかずを持ってきてください。
参加者みんなで分け合いながら、交流を深めましょう。

《ゲスト》
播磨靖夫さん(財団法人たんぽぽの家 理事長)
 「エイブルアート・ムーブメント」を主導。GW奈良篇で存在と生活のアートについて語っていただく。
谷口奈保子さん(NPO法人ぱれっと 理事長)
明学OG。障害のある人の「仕事」の場を開拓してきた先駆者。GWメンバーの黒澤友貴がインターンとして薫陶を受ける。
   ほか、いろんな人が来場予定。


以下で、チラシ情報のPDFが入手可能です。
http://mgu-cfla.cc-town.net/uploads/cbb41f5f-5128-b800.pdf
[PR]
by gowest2008 | 2011-02-03 01:19
<< 北海道より GO WEST EXPO201... >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧