Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

奈良 2日目

ブログの更新をサボっていました
申し訳ありません

奈良 たんぽぽの家2日目は生活支援センターのイベントに参加しました。
イベント内容は
・流しそうめん作り
・トランポリン(身体遊び)
・GOWEST企画の似顔絵詩 

障害のある子供たちと初めて接するというメンバーもいるなか、それぞれが積極的に声をかけ、相手との関係性の中からコミュニケーション方法を見つけていました。

コミュニケーションにマニュアルはない。大切なのは、相手を理解す気持ちをもって寄り添うこと。そしてコミュニケーションにおいて大切なのは言葉だけではないということを身体で理解することができました。
振り返りでもでていましたが、障害をもった子供と接する経験がGOWESTのテーマである「言葉から声へ」につながってきたのだと思います。

GOWEST企画である「似顔絵詩」
趣旨がうまく伝わらなかったり、途中で絵を描くのをやめてしまう子がいたり・・・思った通りにはいかなかった部分もありましたが、お互いの顔を見つめあい、相手を理解しようとするプロセスの中に、関係性を深めるきっかけをつくれたのではないかと思います。
1回目で成功するわけはなく、今回の改善点を次に活かして関係を継続していくことが大切なんだろうなと思います。

夜のBBQは、スタッフ、メンバー、たんぽぽの家インターンの方々と豪華な食事をし、語り合いました。
その後の取りまとめは公開取りまとめということでスタッフの方も参加して頂きました。

寄り添うことの大切さ
言葉ではなく声を聞くこと
他者に好奇心をもって接すること
知識ではなく現場が大切

みんな、自分の言葉で他者との関係性について感じたことを語っていたのが印象的でした。
播磨さんの言葉、GWのテーマ、今までの経験・・・いろいろなものがつながった一日だったなと思います。

以上いまさらながら奈良2日目の報告でした

黒澤
[PR]
by gowest2008 | 2010-08-31 13:11
<< GOWESTを終えて もやもや >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧