Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

サバキャン6日目。

こんにちは、ちひろです
遅くなりましたが、更新されていないサバキャン6日目のことを少し書きたいと思います


5日目の夜、代表の「全力を出し切らなければ、変にエネルギーがたまってしまう。やりきれ」
というような言葉が心に残っていて、6日目を迎えました

お昼休みにはこまどりさんが現れ
いよいよマツリのクライマックスといった感じの一日でした



私の担当は第二農園脇の清水さんの畑との境界線である溝堀り
すぐそばに桜の並木があり、太い根が邪魔でなかなか掘り進められず・・・

でも前日に早く寝たおかげか、体も軽くテンションも高くて
まわりが引くほど、剣スコップを振りかざして掘り続け
無事に開通させることが出来ました


午後はしずかとゆっぴと第三農園のバカ沼埋め
(意味なく、掘りたいという欲求を満たすために掘られた穴をバカ穴と言います)
途中さちさんの華麗な土嚢積みを手伝ったりしつつ
バカ沼を埋めたのですがうまく進まず、そのうちテンションだけあがって
3人で大バカ者になったりしていました


ようやく体を酷使した、というかたまっていたエネルギーが消費できて
気持ちよく疲れ、いよいよ交流会

突然、余興がGo Westの夏の課題の代わりだと言われて
みんな大慌て

余興はどれも面白くて、それぞれの表現がよく現れているなあとしみじみ思いました

最後、入り乱れて歌う「日曜日よりの使者」は、最高に気持ちが良かったです



自分をアウトプットするということは、とてもしんどい面を持つけれど
それはいわば、自分の存在証明なのだと思います
だから、何か分からなくてもたどたどしくても、やってみることが大切

余興という遊びのようなことだけれど、そんなことを考えました


ちひろ
[PR]
by gowest2008 | 2010-08-15 15:45
<< サバキャン最終日 人見組総集編 >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧