Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

シロカネグローバルフェスタ2010


こんにちは、あずさです。


5月15・16日にシロカネグローバルフェスタが開催されました。
フェスタの主催である、白金志田町倶楽部は白金ボランティアセンターとパートナーシップを結んでいるのですが、私はその白金志田町倶楽部学生チームに参加させていただいています。

私はボラセンスタッフではないのですが、昨年末からの寄り合い会からいろんな機会があり、今年は明学のフェスタステージ枠や白金の街を学生目線で「通える街へ」という趣旨のDEEPMAPの作成などにも関わらせてもらいました。

GOWESTの旅やこたねをきっかけに、街と出会うことやつながりを感じることについて、考えることや気づくことが多くなった気がします。
実際に街を歩いてみるとわかる知らなかった情景や、出会う人とかがすごくおもしろくて。
行政側からでなく、雑誌などのメディア側からでなく私という学生の目線で伝えられることがあるんだということを思いました。


今回は「私」が白金に関われたと実感したフェスタでした。
昨年ももちろんたくさんのつながりができた、と感じたのですが、今年は「明学生」「ボランティアの学生さん」ではなくて「やまがあずさ」という個人が私自身が、志田町の方や白金の街の方とつながることができたように思ったのです。
わかりにくいかもしれませんが、志田町倶楽部の日頃の活動である防犯パトロールやこたねを通して、顔と名前を覚えてもらって、私がどんな人間かも少し覚えてもらえたと思うんです。

一緒に汗をかいて働いたことで、ぐっと近くて濃い関わり方ができた気がします。

昨年も思ったのですが、やっぱり白金のこの縁日から自分の地元を考えるし、郡上を考えるしつながりを感じるマツリでした。
少し前までは、郡上や片貝はちょっとめんどくさいような濃い、地域性があると思っていて都会である白金はそうでもないと思っていました。
でもそうではなくて、人と人が出会い関わる楽しさがある、嬉しさがある街で。

私にとって白金は片貝と同じぬくもりを感じる街だと思います。



あずさ
e0169975_2283397.jpg

[PR]
by gowest2008 | 2010-05-18 22:09
<< 郡上おどり at 戸塚 春の郡上の旅2010 >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧