Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

路上から生まれたアート @浦和大学 2010.1.16



自分の中の人間がいなくなった。
空っぽで中身のない器。
器が硬いから中身が見えないのかもしれない。
人間は結局猿だ。
本当に伝えたいことは言葉では伝わらない。




上記のことばは、今日、浦和大学で行われた“福祉文化フェスティバル~路上から生まれたアート~”の第一部で、新宿で活動をしている「ソケリッサ!」というホームレスの方やホームレス経験者の踊りを主体とした肉体表現のパフォーマンスを行う団体の公演の中の一部分である。
ソケリッサ!HP→http://sokerissa.net/


上記にのことばは、

人間は猿から進化したと言われてるけど、新人類が誕生したときは、何かを伝えるときはジェスチャーでやっていただろう

…というようなことばから始まった。



おじさんたちの表現になぜか見ているこっちもひき込まれる。
思わず、足でリズムを刻む。
一緒に体感する。



ふりつけはおじさんたちのオリジナル。
先生からことばがそれぞれに与えられ、それを自分自身、肉体で表現していく。
人によってそのことばのインスピレーションが違うから、個個の内側から表現が出る。


パフォーマンスはとても幻想的だった。


メンバーの一人で、明学で講演もしてくださった越沢さんがインタビューで、
「ダンスを通じて自分を表現して前へ進みたい。」
とおっしゃっていたのが印象的だった。


後で、このフェスティバルの企画者の方もコメントしていたけど、
「おじさんたちのパフォーマンスを観て、おじさんたち自身も生きるエネルギーになるし、
観ている私たちも生きるエネルギーをもらえる。」
と、そのとき感じた。




第二部は、釜ヶ崎で活動をしている「むすび」の方々の演目があった。
「むすび」は平均年齢が70歳以上で、元野宿経験者の方や生活保護受給者の方々が、紙芝居劇という独自の表現方法を用いて公演会を開いている団体である。
むすびブログ→http://musubiproj.exblog.jp/



「むすび」の方々には昨年の夏にGoWestでお世話になって以来だったが、お変わりなくお元気そうであった。



今回の演目は、「むすび」がロンドン公演を果たしたときと同じ、「ブンちゃんの冥土めぐり」であった。
初めて紙芝居劇を観させていただいたのだが、おじさんたちのマイペースさに心があったまった。



セリフがとんでも、「ここだよ。」とやさしく教えてあげるおじさん。



ロンドン公演の時の話になって、

イギリスの女性と話をしたけど、向こうも日本語わからんし、こっちも英語がわからんで、わからんもの同士だけど、何かを伝えようとしあって楽しかった。

というエピソードがおじさんたちのすごさというか、ことばがわからなくても、
通じるものがあること、だから表現力の大事さというものが伝わった。






人生いろいろあるけれど、人と寄り集まって、希望を見出せる、なんとか乗り越え合う。
そんなことを垣間見せてくれた時間だった。





しずか
[PR]
by gowest2008 | 2010-01-17 01:18
<< こころのたねとして 白金 釜ヶ崎越冬闘争 1月1日~3日 >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧