Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

12月21日gowest 郡上八幡報告会

12月21日にGOWESTの郡上八幡報告会があった。

今回は郡上からリカルドさんが来てくださるということで、
第一部はGOWESTメンバーによる報告会

第二部はリカルドさんの講演

という形になった。集まったのは主にボラ特101の学生とタツヤさんやリカルドさんの友人のカズキさんなど。

私は報告会の郡上八幡担当ということもあり、同じく郡上八幡の担当になっている
梓と、合宿までしてこの報告会の準備を行いました。

郡上八幡を伝える上で大切にしたかったのは
・事実がはっきりしている部分はしっかりと事実を伝える
・でもあくまで私たちが感じた郡上八幡であることを伝える
ということでした。

伝えたかったのは
・本町の商店街の人たちのコミュニティーの強さとその重要性
・現代の社会では消えてしまいがちな個人個人の役割が確立していて、それがまちの活力になっている点
・郡上おどりを中心にした郡上八幡のまちづくり

でした。とくに2番目の部分は自分たちの「バイト」という雇用形態に絡めて、
「私たちがしているバイトはもしかしたら自分ではなくても成立するのではと思ってしまうことがよくあるけれど、本町の人たちは、それぞれが多様な役割を持っていて、その一つ一つがその人でなければ成立しないという特徴がある。それが郡上八幡の魅力でもある。」
という表現をしました。

リアクションペーパーを後で見返したとき、そのことが印象的だったと書いてくれてる人が多く、みんなが普段の生活で交換可能な生活を感じているのかも知れないと私は思った。

普段は交換可能な生活を営んでいて、そしてGOWESTで郡上八幡に行くと、本町の人たちやリカルドさんたちの生き方がすごくかっこよく、羨ましく思えるのかも知れない。私自身もそういった部分からも郡上八幡に魅力を感じ、来年インターンシップをやりたいと思うようになった。

人に伝えるということは自分の頭の中を整理することに繫がるし、新たな自分の方向性を見出すことにつながっていくと思う。そういった意味でも今回の報告会はいい機会になった。


またリカルドさんのお話もとても興味深かった。自分の地元を離れたとき、地元の話をすると自分よりも興味を持ってくれる人がいて、地元を見かえすきっかけになるという話はすごく自分とも重なった。
聞いていて思ったのは、「好きなことだからいつまでも続けられる」ということだ。きっと面倒くさいことも大変なこともたくさんある。でも大前提として踊りや歌舞伎や農業が大好きだから、続けられるということがいえるのだと思った。そういう意味で言うと私はまだまだやりたいことがグラグラしていてはっきりとはしていないなあと思うし、早く見つけたいとも思う。

これから冬休み、春休みが来て3年生になる。GOWESTメンバーの一人として、社会の一員として、長野県民として、どんなことができるのか楽しみになってきた。


みかな
[PR]
by gowest2008 | 2009-12-28 10:06
<< 釜ヶ崎越冬闘争 1月1日~3日 みかん山、2回目の収穫祭 >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧