Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

12/4GW 釜ヶ崎報告会@善了寺

こんにちは★

みかなです。


12/4の夜、釜ヶ崎の報告会を善了寺で行いました。
GWメンバー、カフェデラテラの方、横浜ボラセンの方、地域の方、ボラ特の一年生、マイさん
などなどいろんな人が善了寺という、
郡上でも、釜ヶ崎でもなく、どことなく非日常な空間に集まりました。
それはある意味GW的な空間だったのだと思います。

みんながそわそわ、ドキドキしているのはお寺の空間に広がり、みんなで円陣を組み、
住職の法要から私たちの報告会がスタートしました。

純一さんのこたね。

釜ヶ崎でやったものとはまた違っていて、こたねは同じものはできないのだなぁと改めて感じさせるものであったと思います。

それから森ちゃんのMCでみんながGWやココルームの紹介をしていく(このときは一年生を駅まで迎えに行っていたので聞けず)

私や梓は自分の地元や自分の生活と釜ヶ崎という場所が遠くないということを伝えました。

森ちゃんが言った「これがあくまで僕たちが感じた釜ヶ崎であり、釜ヶ崎を感じるのは足を運ぶことが一番大切。」というのが私の思いでもありました。今回報告会をやったことで、一人一人が感じた釜ヶ崎をGWメンバー内で共有できたという部分もあったと思う。私がボラセンで以前報告会をやったとき、先生に突っこみを入れられた。(森田のブログを参照)私は一人ではどうやって釜ヶ崎を表現すればいいのかわからなかったし、いろいろな迷いがありました。でも今回その迷いに真剣にみんなでぶつかっていったことで、いろんな人の心に響き、語りかけるものになったのだと思います。

月曜日に横浜のボラセンに行った際、すごくよかったよとほめていただきました。ボラセンの方の知り合いがあいりん地区のシェルターで働いているのだそうです。その方の話と、今回の報告会で釜ヶ崎がつながり、近く感じ、いろいろと考えさせられたとおっしゃっていました。


私たちが、東京や横浜にいてできることは、このように伝えていくこともその一つだと思います。言葉にするのは難しいけれど、そこで止まってはいけない。表現し続けることの大切さを今回実感したような気がします。

そして郡上の報告会が12/21@横浜校舎であります。
今回の釜ヶ崎の報告会に負けたくないと強く思いました。私たちなりの郡上をGW的な空間で表現しなければなぁと思っています。ぜひ足を運んでください。
[PR]
by gowest2008 | 2009-12-09 06:48
<< art meets care 12.5 アート見つけやぁ学会... >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧