Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

釜ヶ崎の「縁側から」

12月4日の報告会は何だかあっという間に、でもギュッと凝縮された時間のように感じました。

 私はパネルディスカッションでMCのもりたから振られて自分と釜ヶ崎のつながりを少し見いだせたことを話しました。新潟の小さな町の農家の生まれの祖父。冬の仕事がない時期に、酒屋に出稼ぎに行っていたという話から、たとえばそれが釜ヶ崎だったら寄せ場として日雇い労働者として働いていたのかもしれない…と気づいたときに、鳥肌が立ちました。ぜんぜん違う、遠いと思っていたのが実は表と裏というか、すごく近くに感じることができました。

 GWの旅で釜ヶ崎に着いたときから、ずっと落ち着かなくてざわざわしていて、帰ってきてからもうまくつながりが見いだせなかった私にとってその瞬間がすべてGWにあった気がしました。もちろんそれだけじゃないですし、大げさに言いすぎな気もしますけど。

 田舎から出てきて帰るところのない次男・三男が釜ヶ崎に住んでいることが多いと聞きました。年末年始、お盆に帰省できないから、年越しや夏祭りが盛況するとも聞きます。
戸塚の善了寺で語ったことで、東京や大阪といった大都市と、その周辺部としての地方、それからその大都市の中の周辺部としての釜ヶ崎と。それぞれが持つ問題がつながるように思いました。


 またいろいろな人と話しているうちに、「GWってゼミなの?サークルなの?」と聞かれました。私はサークルって思ったことはないし、ゼミかといわれてもいまいちピンと来なくて、なんて言ったらよいのやらという感じでした。みんながみんな同じ目的で集まっているわけではなく、もっとごちゃごちゃしていて、さまざまな人がいて。似た者同士の集まりではなく、傷のなめあいでもなく。
わけかわからないけれどもこれがGWなのだろうと今は思います。

それは何かわかりやすいフレーズにしたいとも思わないし、わかりやすさで集まってきた人とは一緒に何かするというのが難しいのかなとも思います。 それでもこれからもずっとつながっていきたいし、寄り合って知恵を出し合って何かやっていくGWメンバーでありたいし、そんな風に思えた報告会でした。

みなさん本当にお疲れ様でした。

あずさ
[PR]
by gowest2008 | 2009-12-07 22:59
<< 自分たちの感じた釜ヶ崎 12・4 釜ヶ崎発表会@善了時 >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧