Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

夜空教室at渋谷・宮下公園プラスそのほかのこと


宮下公園でGO WEST論を語る日の一日前。
私は新宿に用事があったので、そこから湘南新宿ラインに乗り、戸塚へ向かっていた。

今までだったら、ただぼんやりと眺めていた風景も、
GO WEST論を語る会場となる宮下公園を通る瞬間だけ
私の目には、はっきりと目に残った。

ブルーシートで覆われた小屋が立ち並び、ナイキ化に反対する幕みたいなものもチラッと見えた。
やっぱり、写真や文献ではわからない「その場の空気」みたいなものは、現場に行かなきゃわからない、体感してみなければわからない、
と思い、次の日のGW論は何が起こるのか、不安よりもドキドキというような、なんとも表現しがたい感情が私のことを包み込んだ。

当日は、他の人よりも少し早く着いたので、公園の中を歩き回り、議論ができそうな場所を探し求めていた。

第一印象は「予想外に多様な人がいる。」ということ。

ホームレスのおじさんから、通りぬけに使っているサラリーマン風の人、地べたに座り込んで何かを話している若者たち…。

この場でデモや表現活動をする意味がなんとなくわかるような気がする。
多様な人が集まる場で、デモや表現活動をするからこそ、いろんな意見が出てくるし、そこから議論は発生し、新たな課題に気づいたり、いつの間にか問題を解決してしまうかもしれない。

もし、ここを有料化してしまったら、「お金を払う人」という特定の人しか集まらない。

排除とか、難しい問題が含まれている公園だけど、単純に「いろんな人を迎え入れる場」として、この公園はこのままであってほしい。と、思った。

GW論の中で私が印象的であったのは、「大学における自治のあり方」の話。
匿名による授業評価の話を聞いて、そういえばゼミの先生に、
「視察の人が来た際に学校生活のことや、ゼミの授業のことを、視察の人に話をしてあげてほしい」
と、頼まれていたことを思い出した。その時は何も考えずに、引き受けてしまったが、改めてこの話を聞き、
なんだか複雑な心境になった。
自分が意見をいうことで、もしかしたら学校になんらかの変化を与えることができるかもしれないが、それは学生からの一方通行でしかない。しかも、直接面に向かっていうわけでもない。

本当に、意味があるのか。
顔を見ない、一方通行のやり方で、本当に学校は変わるのか。

顔をみて、相手の表情をみて、本当に言いたいことは何なのかを読み取りながら、自分の意見を伝える。

多くの学生が集まる中でそういった話し合いの仕方は難しいはずだが、妥協してはいけない問題なのだと思う。

また、「教授のなかでも自由な議論ができない」と、いう話があったが、
憲法で言論の自由が保障されている。だから、自由に論議できる権利はだれしもが持っている。
でも
言論の自由は、時に暴力的な要素も含まれると思う。
匿名で人の悪口をネット上に流すのも、言論の自由と言ってしまえばそれまでだ。

表現すること、自分の意見を発表すること。
それの秘められた可能性、難しさを感じた夜であった。


*********

話は変わって、今週の月曜日、農園スタッフのさきちゃんが学校で話すと聞いて、聞きに行った。

障害をもった人と一緒に仕事をするとは、どういうことなのか。

コミュニケーションとのとり方、障害の有無関係なく接している仮屋崎さんの話、そして「言葉で話さない人の言葉に注意を払う」ということ。

そんな話に刺激されて、1日だけではあるが今度障害を持った人と一緒に働くことになった。

話をヒントに、1日体感し、このことを農園で何か還元できたらと思う。

そして、明後日からの3日間。
学祭が始まるが、そこで私のサークルは手話を使った劇に挑む。
この劇には、毎年多くの聴覚障害者の方にもお集りいただいている。

コミュニケーションを図りながら、ひとりひとりの方とできるだけお話し、
この夏のGWで考えたことを踏まえながら
話を聞いてみたり、考えてみたいと思う。

そんなことも考えながら、3日間後輩たちのことを応援していきたいと思う。

ななうみりか
[PR]
by gowest2008 | 2009-10-30 14:21
<< 秋のgowest郡上2009 白金-渋谷-郡上-釜ヶ崎をつな... >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧