Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

続GO WEST〜きくちゃん編

今日の担当は、ななうみです。

昨日はそれぞれ予定があるということで、一時的にそれぞれの家に帰り、今日再び合流し、きくちゃんが横浜・屏風浦を案内してくれました。

朝10時半に横浜に集合、そのままシーバスに乗って、中華街方面に向かいました。

天気が良かったおかげで、シーバスから見る横浜の景色はすごく綺麗で、また時々かかる水しぶきがとても心地良かったです。
シーバスの航路から、北朝鮮の工作船の展示場が見えました。そのことをかなたちゃんに伝えると、そこから話は日本に存在する米軍基地について話が発展。米軍基地に関しては、私はまだまだ知らないことだらけであり、あまり積極的に知ろうとしてこなかったけれど、かなたちゃんと話すことによって、単純に勉強したいな、と思えるようになってきた。

こういう何気ない時間でいろんな話をして、そこから、次に自分が関心をもつコトが増えていく…。最近はそんな瞬間が好きで、だからこそいろんな話ができる時間も大切にしたいと思っている。

シーバスに着いた後は、山下公園や大さん橋を歩く。大さん橋の遊歩道にある立入禁止の芝生を見て、白金キャンパスの立入禁止の芝生を思い出す。「白金の芝生で、みんなでお弁当を食べながら、語ろう!!」と宣言。GWの次の段階として、何が出来るのか、また一つアイデアが生まれた瞬間ではないだろうか。とにもかくにも、どんなことが出来るのか、今から柔軟な心を持ちながら、いろんなアイデアを出してみたい。

その後はお昼を食べに中華街へ。
中華街は、いろんな人で賑わっていた。相変わらず、中華街はすぐ迷子になってしまって、一人で歩けないぐらい、苦手スポットだ。

そのあと、菊ちゃんの家へ向かう。
今回も地元の神社に挨拶をしてから、お家へ向かう。家に着くと、お母さんと、タツ(菊地家のわんちゃん)が出迎えてくれた。菊ちゃんのお母さんは、とても元気な人で、その時は少し疲れていたけれど、お喋りしているといつの間にか元気になった自分がいた。

その後は、タツと一緒に散歩。犬を連れている人とすれ違いさまに挨拶をすることが多い。犬を介して、近所の人と顔見知りになることができ、思っている以上に近所の人間関係は、閉鎖的になっていないのではないかと思う。あとは、犬を飼っていない人をどう巻き込んでいくか…。これは決して菊ちゃんの家の周りの問題だけではないと思うので、自分の地元に持ち帰って考えてみる必要があると思う。

菊ちゃんのお父さんも交え、夕飯を終えた後は、お父さんにドライブに連れていってもらう。そこから見た横浜の景色は、昼間とは、また違った景色を見せてくれた。


「続GO WEST」という名前について私も考えていた。今回はGWの延長というよりも、いつも一緒にいるメンバーを改めて見つめ返す旅であると思うので、違う名前をつけるとしたら「GO HOME」というような、メンバーの原点をみる旅を想像させるような名前はどうかなと思う。
今まで行ってきたGWとは、決して同じようなことをしているわけではないが、「友達のことを知る、自分を知ってもらう」という目的を掲げて、残り1日を過ごしてみたいと思う。

いろいろと課題は残る「続GO WEST」かもしれないが、菊ちゃんのお母さんが言っていた「大学の友達がどんな子なのか、知ることが出来て良かった」という言葉から、なんらかの意味は、どこかに存在するのだと思う。
[PR]
by gowest2008 | 2009-09-18 00:40
<< 続GO WEST~かな編~ 続・GOWEST ~りか編~ >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧