Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

GWのチームワーク

GO WEST2日目を担当するのは、ななうみです。

今日は、10時から旧庁舎記念館にて、郡上おどり保存会会長さんからお話を伺い、その後は3グループに分かれての町歩き、夜は郡上おどりコンクールに参加、という流れでした。

保存会会長さんにお会いする前に、昨日電車の中で互いの人生を聞いて、それを詩で表す「こたね」を代表して、みかな・さきペア、あずさ・みすペアに発表してもらいました。

2ペアのこたねは、その人の人生を詳しく聞いていない私でも、その人の人生を垣間見ることができたと思います。
そして、私もこの旅を通して、みんなと互いの人生を語り合って、たくさんのこたねを作ってみたいなと思いました。

おどり保存会会長さんからは、郡上おどりの成り立ちから、保存会自体のこと、郡上おどりと観光客との関わりと問題、とういうことを中心にお話をしていただき、また観光協会の方からは、郡上八幡の産業などについて、お話を伺いました。また、会長さんからは夜におどりコンクールがあるということで、直接課題曲の「かわさき」を指導していただきました。会長さんから指導していただける、貴重な時間をいただくことが出来、採点ポイントを中心に、手の角度や、足を出す形などを教えてもらいました。会議室が一気に熱気に包まれ、とても楽しい時間を過ごすことができました!!

さて、そんなお話の中で、会長さんがよく口にしていた「チームワーク」という言葉がとても印象 的でした。

累計で何万人という人が郡上を訪れ、踊る郡上おどり。それを長時間、何日も渡って踊るということは、その裏側では色んな人が複雑に動いて、でもそこには「チームワーク」で、動いている部分がとても大きいのではないかと思う。それは、保存会だけのチームワークだけでなく、様々な商店、自治体、行政など、様々なところでうまい具合にチームワークが働くから、郡上おどりも成り立つことができるのではないか。上に立つ人が放つ「チームワーク」と言う言葉には、その意味を改めて実感させてくれた気がします。

午後の町歩きは、3グループに分かれ、それぞれ郡上の観光スポット、例えば博覧館や郡上八幡城などを訪れたり、地元の人に話しを聞いたりして回りました。

私のグループは、店の人に話を聞くことを中心に動いていました。話はおどりのことを中心に、下は高校生、上は81歳のおじいさんまで、様々な人に話しかけていきました。

話をしてみると「○○さんのこと知ってるよ」とか「○○と同級生なんだよ」とか、どこかで自分の知り合いとつながっていることを知り、世間は狭いなと思いつつも、でもこういったところから新たな出会いは始まるんだと思った。
明日も明後日も、郡上にいる間は、何度か足を運んだり、声をかけてみたいと思う。今日、喋っていた人と、何度も街中ですれ違い、その度にその挨拶がとても嬉しく感じていた。この感覚を忘れないようにしなきゃと思う。

夜のコンクールは、残念ながら、入賞(5位以上)はできませんでした。しかし、あそこまで徹底的に教えていただくことはなかったので、これまた貴重な時を体験しました。また、この踊りを通して、GWチームのチームワークが向上するきっかけ、チームワークで動いているということを再認識できたのではないかと思います。

e0169975_2243283.jpg

[PR]
by gowest2008 | 2009-08-20 01:50
<< 宗祇水神祭 今日から!!!! >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧