Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

かな、みかん山から考える

夏休みが始まって最初のイベントが終わった。
この夏はGO WESTには行けないのだけど、就活始まる前にいっぱいいっぱいやりたいことを詰め込んだ。そのうちのひとつが終わり、もうすぐサバキャンも始まる。
ぼーっとしていたらあっという間にやりたいこと、やらなきゃいけないことが溜まってしまい、やり過ごしてしまうかもしれない。テキパキ動け!!自分!!





さて、余談が長くなりましたが、みかん山から帰ってきて最初にみんなに送ったメール。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今回のみかんやまはもう3回目であり、まだ3回目の訪問でした。
ちょっと早いけど、去年の怒涛の8月のGO WESTから約1年が経とうとしてるんだなぁって思うと1年って早いなぁってしみじみ思いました。

みかんの木と向かい合うことで草や虫の小さな命を考えることが出来たり、勉強会で話した内容とみんなの感想、パエリアのあの雰囲気、Kのことを心配してくれていたみかんやまのみなさんなどなど、考えさせられたこととこれから考えていきたいなぁって思うことがいろいろありました。詳しくはGO WESTな日々で…


私もかなたちゃんが言うように先生のこたつでみんなで丸くなってみかんが食べたいなと思います。
12月の収穫祭もみんなで行けたらいいですね。




私はやっぱりみかんやまが大好きです。



ではまた。サバキャンで



------------------------------------------------------------------------------------------------------------

みかん山に始めて訪れた人、2回目、3回目の人、それぞれがいろいろなことを考えるきっかけの場となったと思う。
その中で、私は2つの事が印象に残った。


1つは何度も話に出てきたけど、命の大切さや共生していくこと、少し忘れかけていたような気持ちがよみがえってきたこと。

「僕らはみんな生きている~♪」って歌を知らないで大きくなってきた人は少ないと思うんだけど、
その歌の「みんなみんな生きているんだ、友達なんだ。」って子供向けの歌詞かもしれないけど
すごく大事なことを言っていると思うんだ。

今でも大体の人が子供のころに口ずさんでいたのを思い出せるよね。

でも、大人になるにつれて、(実際自分は大人なのか、まだ子供なのかわからないことはしょっちゅうあるけど、)この考えを少し忘れてしまっていたんじゃないかと思った。

見沼の農園や家の庭にだって虫やら鳥やら好きではないものもがたくさん生きている。

普段の生活にだって当たり前のようにいるんだけど、まじまじと観察したり、虫の気持ちになったことがほとんどなかった。これはすごく久しぶりな気持ちだった。

だからみかん山で殺虫剤を塗られて逃げていくげじげじやミミズを見たり、草を刈ることで自分たちの巣が破壊され、卵もろともぐちゃぐちゃになってしまったアリさんを見て、もしこれを人間に置き換えたら戦争と同等のことをしてしまって、彼らにとって自分がやった行為は爆撃や爆薬を落として町を破壊して、子供も女も家族もぐちゃぐちゃにしてしまった。戦争もこういうものだったのかって。


みかんを守るために行った殺虫剤を塗るという行為はやっていくうちにだんだんと虫に対する抵抗が薄れてくる。
一緒に作業していたMりた君とRすけさんと交わした会話の中で出て来た率直な感想。

戦争も同じ様な心理状態がきっとあったはずだ。





もう1つは仲間について。
私はいつもあの小屋に行くと仲間ってすごく大切だなと思う。

青年団のときからの付き合いが今でも続き、何かイベントがあればみんなが集まってくる。

お酒を飲んで、音楽が流れて、話が弾む。



あの小屋に集まるメンバーは毎回違うけど、
あの小屋に集まると即興でひとつの作品が出来たみたいにわいわいがやがや、時々一体感。

あの場がみんなを楽しませる。



話をする。
話を聞く。
会話の出来る場を作る。


当たり前に出来ていることかもしれないけれど、
出来ていない場も今はたくさんあって、


仲間や家族ってこの場があって
一緒にいてくれる人がいるからつながることが出来るのかなって思う。


2日目の夕飯のパエリアを作ったとき、
結構適当にやってしまう私と、作り方通りに進めようとしている菊ちゃんがいて、パエリアを完成するっていう同じ目的を達成させたいのにやり方が異なった。

それでもお互いに否定しあうのではなく、大げさかもしれないがそれぞれのやり方を尊重して、お互いにいい間隔を保っておいしいパエリアが出来た。(これじゃ二人でが作ったたみたいな言い方になっちゃう。みんなの協力がなければあんなにおいしいパエリアは完成出来なかったと思う。)

完成までの間もあの場にいたみんなであーだ、こーだってパエリアをおいしく完成させようとする目的のためにがやがやしている。

あの場のようながやがや感が私はすごく居心地が良い。

もちろん、完成したパエリアもおいしかった。





最後にGO WEST2008~09になって思うこと。

去年のみかん山の収穫祭でかなたちゃんと。

大阪にに報告書を渡しに菊ちゃんと。

今回はりかちゃんと最後まで残って、GW08の3人と2人だけの空間を過ごすことが出来た。



お風呂に入っている時、朝ごはんを食べている時などのちょっとした時間のたわいのない話なんだけど、それぞれがGW08を終えてから思うことがいろいろあって、話してみると共感できることが多い。


報告書を完成させるにつれてちょっとづつ疎遠になったみんなが恋しいし、
GO WESTのみんなでみかんの木のオーナーになることもでき、
つながり続けるきっかけをみかん山でもらうことができた。


これも何かの縁だと思う。

GO WESTという旅に出会えてよかったと思うし、
GO WESTで出会った人と再び会えることが何よりうれしい。



今回のみかん山合宿は私の連絡段階から動きが遅かったり、力不足であったり、自分に課されている課題が見えてきた。
言葉の足りない問題、表現の難しさを最近良く考える。

それでも、この2泊3日は楽しいこと、考えること、みかん山の良い所などさまざまな点で再発見があり、ますますみかん山が魅力的な場所になった。








かな
[PR]
by gowest2008 | 2009-08-06 00:16
<< みかん山で思ったこと Go Westミーティング >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧