Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

白金グローバルフェスタ

こんばんは。
私も白金グローバルフェスタに参加したので、報告しますね^^
と言っても、土曜日の16:00から19:00までのわずかな時間だったのだけど・・・

16日は、お昼に戸塚で教職のガイダンスを受けてから、白金高輪に向かいました。
志田町の活動には、明治学院大学の学生のみの寄り合い会にしか参加したことがなかったので、
初回で、実戦で良いんだろうか・・・
と半ば不安でしたが、志田町本部で、パキパキした女性の方に、
「じゃあ、長田さんは綿あめね」
と言われ、よく分からないまま、綿あめコーナーに行き、手伝いをしました。
もっぱら、綿あめをひたすら作っていました。

あれって、結構疲れるんですね。
割り箸を水平に回しながら、且つ、割り箸自体をも回すという。
初めこそうまくいきませんでしたが、徐々にコツを得てきました。
楽しかったです。
「将来、綿あめの屋台でもいけるじゃない」
と言われました。

祭りの定番の綿あめには、たくさんの人が列を成します。
ひっきりなしに。列が途切れることがありません。
特に、女性と子供たちが大勢買いに来ました。
やっぱり、どこの町でも、綿あめは人気なのだな、
としみじみと思いました。

ここで、ひとつ思ったこと・・・
綿あめの列にも、祭りの中にも、いたのですが、
この町では、祭りでもびしっとした服装をしなきゃならないのだな、と思いました。
特に、女性の方は、これからお出かけですか?
という勢いの服装の方が結構いました。
地元の、しかも祭りにそんな服装で来るなんて・・・
特異な町だな、とふと思いました。

帰ってから、自分の町の家族連れを見たら、
白金で見た家族よりも、
少し和みました。

家族でいる時ぐらい、戦闘モードでなくて良いと思う。

綿あめをひたすら作り、郡上・農園ブースに行った時は、そこだけ空間が違うような気がしました。
ほかの店に比べて、呼び込みもしてたし。
なんというか・・・何だろう?

ともかく、なんだか懐かしいような気になりました。
郡上には一度しか行ってないし、農園にも数える程度しか行ってないけど。
たぶん、綿あめコーナーでは、見ず知らずの人の中にいたからだと思うけど。
なんとなく、懐かしい気持ちになったし、
それと同時に、遠くにいるような気になりました。

去年は、授業ということもあって、みんなとも農園の人たちとも、郡上ともなんとなく近い場所にいるように感じてました。
でも、今はあまり関わっていないせいか、
あそこにいた人たちがとても遠く感じました。
go-west的な雰囲気って、見ず知らずの人も初対面でもなぜか輪を作っている、
そういう不思議な空間だと思っています。
だけど、一瞬で、なんだか近い関係になれたような気がするような分、
関わっていないと、なんだか入り込めない、
見えないシールドみたいな輪があるようにも感じました。

まぁ、これは私だけの話かもしれないし、
自分自身の問題かとも思えますね。
うん。

ともかく、フェスタは楽しかったです。
食べ物もおいしかったし♪
やっぱり祭りっていいなぁ・・・
と思いました。
フェスタの屋台は、普通の神社とかの祭りと違って、
温かさがあるというか、そんな気がしました。

長くなりましたが、フェスタの感想はこれくらいにして。

それでは、また。

Arisa
[PR]
by gowest2008 | 2009-05-24 22:46
<< 5月30日 郡上おどり in ... 白金の町と仲良くなる >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧