Go Westな日々


GoWest2008農とアートと贈与の旅から始まった私たちのGoWestな日々をつづる
by gowest2008

白金の町と仲良くなる


続けて、白金グローバルフェスタについて、ななうみが報告いたします☆

私は、数は少ないながらも志田町倶楽部に行き、何度か事前準備からお手伝いさせていただきました。

中心となって、動いてた志田町のみなさんや、学生スタッフと比べると、ホントにわずかな時間であるのに、


すごく大変でした。

なんでだろう??って考えたとき、

あぁ、今までやったことのないことを、させてもらえてるからだ、と気づきました。


ひたすらパソコンに向かって、打ち続けたコンサート出演者の紹介文の下書き…

地図や、電車乗り換えとひたすら格闘した、JICA訪問や、白金の町への募金箱設置のお願い回り…


ホントに仕事の遅い私だったけど、すごく大変だったけど、

いろいろな経験をさせてもらえたことに、感謝しています☆
きっと、ここでの経験はどこかにつながるだろう、と、これからの自分に期待!!


特に、JICAや白金の町を歩き回った時は、志田町のネットワークのつながりの広さに驚いた、というか。


見ず知らずの私が訪問しても、優しく声をかけていただけたのは、志田町の人が作り上げてきた、つながりの成果だと思うんです。もちろん、それだけではないとは思うんだけど。。


直前準備の時の志田町の人の連携プレーを感じたりと、志田町にますます魅力を感じました!!

今度からは、ただ防犯パトロールに参加するだけじゃなくて、「志田町倶楽部と、人や地域のつながり」って部分にも注目しながら、参加してみたいなぁと、思いました。

志田町倶楽部のみなさん、学生スタッフのみなさん。
お疲れ様でした☆


あ、肝心の当日のことがここまで全く書かれてませんね。。


当日は、志田町倶楽部としてではなく、郡上八幡からいらっしゃった松浦さんの販売サポートとして2日間、みっちり働きました♪

つくばの観光大使に負けないように、浴衣で郡上の名産物をアピール☆

販売のアルバイトをやってて良かったと、この2日間すごく思いました。笑

というか、やっぱりモノを売るってすごく難しいけど、すごく楽しい!!

「どうしたら、この商品の魅力を伝えられるかな??」


常に、考えてました。


「商品を売るためには、その商品をまずは自分が好きになるところから始める」


というのが、普段からのモットー。


だからかな。改めて郡上八幡という場所が、恋しくなり、今年の夏も、そして来年の夏も進路をとっとと決めて、郡上に行きたくなりました。


そして、もうひとつ。

このモットーを、持っている以上、ビックイッシューの販売サポートをやるならば、ビックイシューのことをもっともっと好きになる必要があるんじゃないか?


好きになれば、その雑誌の魅力に、自然に気が付くものなのでは、ないか。

もっと、魅力に気がつけば、その魅力をどう他の人にアピールしていけばいいのか。

考える方向を難しく考えない!!


売るモノが違っても…。知名度が違っても・・・。



「どう商品をアピールしたら、手に取ってもらえるか??」

「私は、この商品のどこが好きなのか??」


考えることを「楽しむ」ことは、郡上の物産も、ビックイシューも変わらないのでは…


郡上のブースと、ビックイシューのブースを行き来しながら、そう考えてました。



それにしても、白金の町をたくさんあるいた2日間でした。

販売を通して、白金の町の人、それ以外の人とたくさんお話もしました。


少しは、白金の町と仲良くなれたかな??

もっともっと、自分の学校があるこの町と、仲良くしたいです。



あ、4限15分遅刻だ!!!笑


授業に行ってきますー☆
[PR]
by gowest2008 | 2009-05-18 15:02
<< 白金グローバルフェスタ 白金グローバルフェスタ★ >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧